神田川界隈物語
吉田枯露柿氏プロフィール
昭和29年東京は麹町生まれ。 国立劇場が出来る前、まだ、原っぱで、そこで、おままごとをした記憶が強く残っている。 6歳で文京区小石川に越す。 日本女子大学文学部を卒業後、サンケイリビング新聞社に勤務。 平成16年3月独立し、フリーランスで単行本取材・執筆を始める。 株式会社『吉田事務所』を設立(平成19年5月)。 豊島区では平成23年、地域情報誌『豊島の選択』創刊とともに取材・編集。 また中央図書館専門研究員として地域文化講座(戦後闇市・映画館など)の企画する。 NPO法人「としまの記憶」をつなぐ会を設立(平成24年7月)。副代表理事。第二次世界大戦・戦前戦中戦後の記憶を持つ語り部の「記憶の遺産」として動画編集をする。 地震をテーマにした童話「なまずの太郎大冒険」(平成29年11月)上梓。
▲ブログ http://www.ichiko.tv/

神田川は井の頭池から隅田川に合流する流路延長24.6km、流域面積105.0km2の河川で、徳川家康が江戸に入府(1590年/天正18年)以来、江戸っ子に親しまれてきた。その沿線界隈のゆかりの地名、寺社の建物、江戸の文化人などを、絵(挿絵・浮世絵)、草双紙で紹介します。
いつの世も変わらぬ子をおもう親心 疱瘡除けの「赤色」

 古来より人々は疫病(伝染病)を恐れていた。日本においては、中央アジアを起源に東西世界に感染は広がり、我が国での初めての天然痘流 行は、仏教と共に大陸から伝わった 頃といわれ、最初の記録は「日本書 紀」 [天平7年(735)]とされる。 遣唐使が連れて来た一行の中に感染者が混じり九州の太宰府を中心に朝廷のある近畿地方まで感染が広がったといわれる。

  さて、17世紀後半以降、雑司ヶ谷鬼子母神への参詣客が増加していくが、その背景には、乳幼児(0〜5歳)の多くが罹患し、麻疹や疱瘡 (天然痘)による死亡率が高かったことがあげられる。とくに疱瘡は予防接種が普及されるまでは不治の病として人々に恐れられていた。
  疱瘡は疱瘡神の仕業で体中に赤 い斑点ができる。そのため罹患者に赤い着物をきせて神社へ祈願する。また身辺に赤色で描かれた絵や人形など疱瘡神が好む赤色を 付けて患者のそばに置き疱瘡神がそちらに移ることを祈ったとされて いる。子どもの病気の治癒を願う親の強い気持ちがこうした行為に反映されたのだろう。
  図は一枚の絵絹(えぎぬ)*1に描かれた一枚 の絵画(成立年不詳)を二分割して 襖絵に仕立て直したもの。鬼子母神 門前の土産物屋では、弁慶*2に玩 具などを挿して販売した。疱瘡除け の効果を期待し、すすきみみずくの赤い耳、短冊、赤いダルマ、鯛など赤 い彩色が施されている。






鬼子母神詣土産べんけい図襖 豊島区立郷土資料館所蔵

※1絵日本画を描くために生糸を練 らず手織りした絹織物のこと。
※2弁慶玩具を売り歩くのにそれらを挿 したてるため薬を束ねたもの。


取材協力:豊島区立郷土資料館『豊島の選択』より加筆転載)




前のページ
鬼子母神参詣土産としてのブランド  「川口屋の飴」
コンテンツのトップ 次のページ
起伏にとんだ土地に水を湛えて流れた弦巻川
地名から読み解く江戸・東京
水から読み解く江戸・東京
本から読み解く江戸・東京
人から読み解く江戸・東京
味から読み解く江戸・東京
祭(歳)事から読み解く江戸東京
会員ページ ログイン
ユーザ名:

パスワード:


パスワード紛失
新規登録
twitter江戸東京下町文化研究会

江戸東京博物館

錦絵で楽しむ江戸の名所

すみだ北斎美術館寄付キャンペーンサイト

国立公文書館デジタルアーカイブ