投稿者: shibugaki 投稿日時: 2019-5-25 23:05:18 (21 ヒット)
XOOPS

日時>2019/6/27(木) 10:30〜12:00
テーマ>「江戸狂歌の大流行−山の手でも下町でも、神田明神社内でも−」
講師>法政大学教授 小林ふみ子
参加費>¥1,500(税込)/回 
共催>法政大学江戸東京研究センター(EToS)/ 神田明神文化交流館  
場所>神田明神文化交流館 EDOCCO STUDIO
   東京都千代田区外神田2-16-2
連絡先>TEL:03-6811-6675
詳細>https://cocoro-k.co.jp/events/edotokyo





投稿者: shibugaki 投稿日時: 2019-5-25 23:04:19 (3 ヒット)

伝統芸能公開 『力士の囃子唄 相撲甚句』
日時》2019/6/9(日)
開催時間 13:30〜14:00 14:30〜15:00
内容》あーどすこい どすこい」などの合いの手が入る、独特の節回しで唄う相撲甚句は、力士や相撲の舞台となった各地の名所などを取り上げ、現代まで唄い継がれてきました。今回は伝統的な相撲甚句から、現代の新しい甚句までを、ご紹介します。甚句から、相撲の長い歴史を感じてください。
相撲甚句》 相撲甚句は、江戸時代 享保頃(1716〜1735)より唄われていたと云われます。勝負に生きる力士への憧憬と悲哀、ふるさとへの郷愁、そして力士と人々を結ぶ心の絆として江戸時代から唄い継がれています。
講師》荒俣武雄(全国相撲甚句会師範
主催》 江東区深川江戸資料館
場所》 東京都江東区白河1-3-28
参加費》常設展示室観覧料(大人400円、小中学生50円)
申込》予約不要。直接お越しください
連絡先》TEL 03-3630-8625  FAX 03-3820-4379
詳細》https://www.kcf.or.jp/fukagawa/event/detail/?id=2505


投稿者: shibugaki 投稿日時: 2019-5-6 1:58:00 (17 ヒット)
XOOPS

第四回
「江戸と称する都会のいかに面白くいかに楽しきかを描き示さんと勉めたり」
永井荷風の江戸芸術論
書名「江戸芸術論」(岩波文庫) 著者 永井荷風

>詳しくは〜http://www.edoshitamachi.com/web/fuyugaki/


水から読み解く江戸・東京
人から読み解く江戸・東京
ことばから読み解く江戸・東京
年表から読み解く江戸・東京
地名から読み解く江戸・東京
祭(歳)事から読み解く江戸東京
会員ページ ログイン
ユーザ名:

パスワード:


パスワード紛失
新規登録
twitter江戸東京下町文化研究会

江戸東京博物館

錦絵で楽しむ江戸の名所

すみだ北斎美術館寄付キャンペーンサイト