投稿者: shibugaki 投稿日時: 2019-3-10 16:17:43 (48 ヒット)

日時>2019年3月28日(木)午後7時〜午後8時30分(午後6時30分開場)
場所>日比谷図書文化館  東京都千代田区日比谷公園1-4
   地下1階  日比谷コンベンションホール(大ホール)
内容>寛文年間(1661〜73)ころに、江戸の町に蕎麦を売る店が現われると、夜蕎麦売りも町を巡るようになった。享保年間(1716〜36)には蕎麦の名店も生まれ、蕎麦屋は二八の看板を掲げて営業し、江戸はうどんの町から蕎麦の町になっていく。二八とは原料の配合割合を示すとする説と値段を示すとの説がありますがどちらが正しいのか、また、なぜ江戸ではうどんより蕎麦が好まれるようになったか、などを解説し、江戸の蕎麦屋の繁昌のようす、蕎麦屋のメニュー、蕎麦屋酒などについても考察。
講師>飯野 亮一氏(食文化史研究家)
参加費>1,000円
定員>200名(事前申込順、定員に達し次第締切)
主催>日比谷カレッジ(日比谷図書文化館)
連絡・申し込み>日比谷図書文化館 03-3502-3340(代表)
詳細>https://www.library.chiyoda.tokyo.jp/hibiya/college/












投稿者: shibugaki 投稿日時: 2019-3-10 16:16:54 (14 ヒット)

概要>江戸城外濠の再生に向けた講演、外濠再生憲章の紹介、パネルディスカッションを行います。
日時>3月 25 日(月)13:00〜17:00(開場12:30)
会場>法政大学 外濠校舎7階 薩埵(さった)ホール(東京都千代田区富士見2−17−1)
プログラム>
基調講演
・「外濠文化の可能性」 田中優子(法政大学総長)
・「グローバル都市東京における外濠・神楽坂」 松本洋一郎(東京理科大学学長)
パネルディスカッション
コーディネイター 福井恒明(法政大学教授)
  パネリスト   陣内秀信(法政大学特任教授)
        宇野求 (東京理科大学教授)
        飯田公子(神楽坂文化振興倶楽部)
         高梨幸彦(富士見地区町会連合会会長)
        吉田珠美(三輪田学園校長)
        玉置泰紀(KADOKAWA)
>参加費 無料 >定員 800名
〉主催 外濠再生懇談会主催/法政大学・東京理科大学共催
>連絡先 TEL:03-5228-1267(江戸東京研究センター・エコ地域デザイン研究センター事務室)
E-mail:ecohistory-jimu@ml.hosei.ac.jp
詳細>https://edotokyo.hosei.ac.jp/news/news/news-20190115152544
















水から読み解く江戸・東京
人から読み解く江戸・東京
ことばから読み解く江戸・東京
年表から読み解く江戸・東京
地名から読み解く江戸・東京
祭(歳)事から読み解く江戸東京
会員ページ ログイン
ユーザ名:

パスワード:


パスワード紛失
新規登録
twitter江戸東京下町文化研究会

錦絵で楽しむ江戸の名所

すみだ北斎美術館寄付キャンペーンサイト