神田川界隈物語
吉田枯露柿氏プロフィール
昭和29年東京は麹町生まれ。 国立劇場が出来る前、まだ、原っぱで、そこで、おままごとをした記憶が強く残っている。 6歳で文京区小石川に越す。 日本女子大学文学部を卒業後、サンケイリビング新聞社に勤務。 平成16年3月独立し、フリーランスで単行本取材・執筆を始める。 株式会社『吉田事務所』を設立(平成19年5月)。 豊島区では平成23年、地域情報誌『豊島の選択』創刊とともに取材・編集。 また中央図書館専門研究員として地域文化講座(戦後闇市・映画館など)の企画する。 NPO法人「としまの記憶」をつなぐ会を設立(平成24年7月)。副代表理事。第二次世界大戦・戦前戦中戦後の記憶を持つ語り部の「記憶の遺産」として動画編集をする。 地震をテーマにした童話「なまずの太郎大冒険」(平成29年11月)上梓。
▲ブログ http://www.ichiko.tv/

神田川は井の頭池から隅田川に合流する流路延長24.6km、流域面積105.0km2の河川で、徳川家康が江戸に入府(1590年/天正18年)以来、江戸っ子に親しまれてきた。その沿線界隈のゆかりの地名、寺社の建物、江戸の文化人などを、絵(挿絵・浮世絵)、草双紙で紹介します。
吉宗による将軍権威の強化 鷹場維持の為の「御犬部屋」

  前号では生類保護の政策を打ち出してからは殺生を伴う鷹狩を一度も実施しなかった五代将軍・綱吉を取り上げた。綱吉は鷹役人の削減、鷹儀礼の一部停止などの放鷹制度を縮小。元禄期には鷹の放出など制度、鷹場の担当をしていた鳥見まで廃止している。
  「鷹場」は鳥類札証禁止区域としての「御留場」となり、また鷹狩を目的とした「御殿」も利用もしなかったのである。
  宝永6年(1709)に綱吉は逝去し、寛延4年(1751)9月に犬小屋は取り払われ、宝暦2年(1752)全廃。 犬小屋は鷹場を維持するために野犬を収容したところであり、「生類憐みの令」に伴う犬愛護のための施設ではないということである。

  さて、いったん廃止された放鷹制度は、八代将軍・吉宗によって復活する。根崎光男氏によると「亨保 4年(1719)4月、雑司ヶ谷村の旗本水野氏と同坂原氏の抱屋敷であった地に小栗組の鷹部屋が建設されその北方の旗本の中西氏の屋敷を収公して組屋敷が築かれた」 (「犬と鷹の江戸時代」吉川弘文館)とある。また、「豊島区史 通史編1」の第二節「鷹場と農民」の項では「犬部屋は本浄寺のほぼ西隣にあり、享保18年(1733)10月、自証院領百姓地内に設置され、宝暦2年(1752年)取払いとなっている」と記され、その後は代官支配所百姓地となった。且つ、犬部屋は主として鷹狩や猪狩に使う猟犬を飼育するところであり、綱吉の生類憐みの令との関連で中野犬小屋からあふれた野犬を収容したものではない、と豊島区城と鷹場の関係性が述べられている。つまり、この事から分かるのは中野の巨大な犬小屋から溢れた犬を収容したという通説とは異なっているのである。



「雑司谷村絵図」
これは武州豊島郡雑司谷村名主勘右門により明和9年(1772)2月に作成されたものである。 本浄寺の西側(右側)に「御犬部屋跡 御代官所」という記載がある。「豊島区史地図 編 上より)

取材協力:豊島区立郷土資料館『豊島の選択』より加筆転載)




前のページ
「鷹狩をしなかった」 将軍綱吉の「犬屋敷」建設とは
コンテンツのトップ
地名から読み解く江戸・東京
水から読み解く江戸・東京
本から読み解く江戸・東京
人から読み解く江戸・東京
味から読み解く江戸・東京
祭(歳)事から読み解く江戸東京
会員ページ ログイン
ユーザ名:

パスワード:


パスワード紛失
新規登録
twitter江戸東京下町文化研究会

江戸東京博物館

錦絵で楽しむ江戸の名所

すみだ北斎美術館寄付キャンペーンサイト

国立公文書館デジタルアーカイブ

玉川上水ネット

勝海舟記念館