江戸言葉 月ごよみ
棚橋正博(たなはしまさひろ)氏プロフィール
1947年秋田県生まれ。 早稲田大学エクステンション(中野校)講師。神奈川大学エクステンション(横浜KUポートスクエア)講師。早稲田大学大学院講師。早稲田大学大学院修了。日本近世文学専攻。文学博士。 黄表紙研究の第一人者で、知られざる江戸の風俗文化を多くの人々に伝えることを使命としている。テレビや講演会などでも活躍中。著書は『式亭三馬』(ぺりかん社)、『十返舎一九』(新典社)、『江戸の道楽』(講談社)、『江戸戯作草紙』『教科書が載せられない名文』『捏造されたヒーロー遠山金四郎』(小学館)など多数 (Web日本語より加筆転載)  

 私たちが何気なく使っていることばの多くが、じつは江戸生まれだってご存じでしたか? 「江戸っ子」なことばたちを、江戸の人たちがどうやって生み出し、どのように育てていったのか、「へえ〜」と思わずいいたくなる知識を、黄表紙や浮世絵の絵などとともにご紹介していきます。 

► CONTENTS
一 月 旧正月と名刺、江戸の大雪、正月の餅、湯屋の正月、七福神詣
二 月 二八(にっぱち)と品川遊郭、「べらぼうめ」と「べらんめえ」、節分と豆男、出替りと契約社員
三 月 雛祭り、隅田川は暴れ川だった、寺子屋入り、江戸の花見、春の夜の夢と千両
四 月 江戸のサラリー事情、藤の花と銭の花、江戸の虫除けと油虫、卯の花と豆腐、デパート商法は
五月 江戸のベストセラーと付録、野暮・通、端午の節句、初鰹、おへそが茶を沸かす
六月 山王祭と喧嘩、梅雨と番傘、6月の花嫁、江戸っ子と傘と日傘、大山詣
七月 七夕、江戸の売り声、江戸の朝顔ブーム、スイカと料理茶屋百川、江戸の花火
八月  年寄の冷や水、江戸の「狆」ブーム、「八朔(はっさく)」とは、冷や水売りと白玉、江戸っ子とそうめん
九月  芋名月、弥次さん北さん、重陽の節句、秋を告げる松虫、初ナスは高級品
十月  にべもない、紅葉狩りと吉原、飲み食べ笑う「えびす講」、戯作者たちの繁忙期
、十一月 江戸の紅葉めぐり、酉の市と熊手、江戸の時計と季節 、酉の市と大火、顔見世興行と千両役者、「七五三」は縁起がいい
十二月  浅草寺の年の市、フグは食いたし命は惜しし、江戸の宝くじ・千両富







 二月




二八(にっぱち)と品川遊郭

  時間と季節を問わないコンビニ文化というか、季節感がなくなった現代でも、商売をする人たちは「二八(にっぱち)」と言って、2月と8月は商売にならない月だと嫌うところがある。
  江戸時代は太陰暦(旧暦)だったから、現在の太陽暦でいえばだいたい1か月遅れで、それぞれ3月と9月になる。旧暦2月は、今ではすっかり季節の言葉となった「春一番」に代表されるような春嵐(しゅんらん)による海難事故を恐れて漁民たちは嫌い、現代の商売人たちは正月で支出が多かった翌月ということもあって、商売に不向きな月と嘆くわけだが、しかし、江戸時代の2月については、現代事情と少し様相を違えていた。
 
江戸の旗本(はたもと)や御家人(ごけにん)といった武士たちの俸禄(ほうろく)は年に3度に分けられ支給され、一部現金支給もあったけれど、現米(げんまい)と呼ばれる米支給が原則だった。3度とはそれぞれ2月、5月、10月で、2月と5月は借米(かりまい)とも貸米(かしまい)とも呼ばれ総支給の4分の1ずつ、米の収穫期にあたる10月の切米(きりまい)では2分の1が支給された。だから2月は、支給された俸禄(ほうろく)米を現金化する札差(ふださし。蔵宿)は忙しくなった。
 
江戸の人口の4割前後を占めていた武家関係者の経済活動が活発化し、札差はもとより、その経済効果は庶民まで波及し、江戸の2月は不景気な月とはならなかった。
 これに対し旧暦8月は、今度は秋の台風(野分〈のわき〉)の襲来を、とくに漁民や海運関係の人たちが嫌うばかりか、米の収穫前の農民たちも台風対策で頭を悩ませた。5月の借米支給から日も経ち、10月の切米までは間があり、お盆で金を使った武士たちの懐(ふところ)具合も季節と裏腹に冷え込む時期となる。そこで金のかかる吉原遊びも敬遠しがちになり、川柳に「品川の客にんべんあるとなし」(品川遊郭の客は侍と寺〈坊主〉)(誹風柳多留7編)とあるように、下級武士たちは手軽な品川遊郭で遊ぼうと品川へと出掛ける。
 
そして、「品川はいびつな月も見るところ」(同7編)と、十五夜だけに限らず、江戸湾を渡ってくる涼風を受けて、品川の「三階」の座敷で、ちょっと月見と洒落込むわけである。
 夏の明月を眺めながら、安手の月見酒で楽しんだのは幕府の高級官僚たちというより、むしろ下級武士たちであったろう。高級官僚たちは別なことで不景気風を心配していた。
  自然と共生する時代のこと、8月は旱魃(かんばつ)や冷害、台風の被害などで早々と収穫を諦(あきら)めた離農者が都市江戸へと流入する「古くて新しい問題」が発生する月でもある。
  この離農者の都市流入問題に江戸幕府の為政者たちは頭を悩まし、8月になると幕府の官僚たちは諸国の米の作柄の調査に代官を走らせ報告を待った。米の作柄状況(作況指数)で一喜一憂するのは現代も変わらない。今年は雪が多い年だが、雪は豊年の貢 (み つぐ)と いわれる。 さて米の収穫 はどうなるであろうか。




品川遊郭での月待ちの様子。海には舟が浮かび、向こうには月が出ている。月待ちとは、陰暦1月と7月の26日の夜に月の出るのを待って拝むこと。高輪や品川で盛んに行われた。『江戸名所花暦』文政10年(1827)刊より。

品川の「三階」…品川遊郭は浜辺に作られているため、街道に面した階を「二階」、波打ち際に接する下の階を「一階」、街道から見て二階になる階を「三階」と呼んだ。






「べらぼうめ」と「べらんめえ」

落語「大工調(だいくしら)べ」
 夏目漱石の『吾輩は猫である』が、朝日新聞で復刻連載される程人気がある。その小説の中に、車屋の黒猫が「べらぼうめ」と言う場面がある。江戸っ子の漱石は、銭湯の客に「べらぼうにぬるい」と文句を言わせたり、『坊ちゃん』では、蒲団(ふとん)に入れられたバッタをイナゴと言われたとき、江戸っ子の坊ちゃんに「べらぼうめ」と啖呵(たんか)を切らせている。
 
「べらぼうめ」と聞いて、落語の「大工調(だいくしら)べ」を思い出す方は、相当な落語通だろう。家賃の一両二分(ぶ)八百文(もん)を滞らせ、大家(おおや)から大工の道具箱を質に取り上げられていた与太郎を呼びに来た棟梁(とうりょう)の持ちあわせは、八百文足りない一両二分しかない。だが、その一両二分を手に与太郎は、大家へ道具箱を返してもらいに行き、そこで口をきいたのが、八百文足りなくても「あたぼうだ」というセリフである。「あたぼう」とは「あたりめえだ、べらぼうめ」を縮めた言葉だという。
 
落語のマクラなどで紹介する語源説から引くと、世の中にあって、ただ飯を食べるだけで何の役に立たない者を「ごくつぶし」といい、「ごくつぶし」(穀潰し=穀物をツブして糊状にする)→ヘラ(篦)の棒でツブすから「へらぼう」→「ベラボウ」に変化したという説である。これに、「あいつめ」などの相手を卑(いや)しめて言う「め」が加わって、「ごくつぶし」のような人物などを罵倒(ばとう)する「べらぼうめ」になったという説でいいように思える。
 
これとは別に、1600年の半ば頃から上方で、見世物に出ていた者に、「べらぼう」と呼ばれる者がいたとは、井原西鶴(いはらさいかく) の浮世草子(うきよぞうし)『日本永代蔵(にほんえいたいぐら)』(元禄元年〈1688〉刊)に「形のをかしげなるを便乱坊と名付け」と見える。姿の異形な者を「べらぼう」と呼んで見世物に出していた。これが江戸へ広まったというのがもう一つの語源説でもある。
 
見世物に出るしか能がないような男を罵倒する語として、語源としてもよさそうであるものの、江戸初期の辞書『日葡辞書(にっぽじしょ)』 にすでに、無駄飯(むだめし)食いのことを「ごくつぶし」と出ている。飯をペースト状に潰す(ごくつぶしする)ためのヘラ(篦)棒が考えだされ存在していたろうから、ヘラ棒を語源としてよかろう。また、博打(ばくち)用語から出たという説もあるが疑問である。
 その「べらぼうめ」が「べらンぼうめ」となり、やがて「ボウ」が抜けて「べらんめえ(い)」と変化したのが江戸〜東京にかけての頃のことであったらしい。  
 なお、現在では副詞の「べらぼうに」という形にして、程度のはなはだしいことを「べらぼうに・・・ 高い」などという言い方のほうが一般的になっている。これは江戸時代にも既にされていた表現で、『浮世風呂』四編(文化10年く1811〉刊行)には、「今日はべらぼうに荷が勝ったから重くツ てならねへ」と見える。




十返舎一九(じっぺんしゃいっく)の『色外題空黄表紙(いろげだいうわきびょうし)』(享和3年〈1803〉刊)より。色男の仮面を付けて若い娘に迫った一九が、裸にされて笑いものにされているところ。右の男が「おしのつよいべらぼうだ」と言っている。

井原西鶴…1642〜93。江戸前期の浮世草子作者・俳人。大坂の人。俳諧では矢数(やかず)俳諧を得意とした。庶民の生活を写実的に生き生きと描いた浮世草子の名作を多数書いた。『好色一代男』『好色五人女』などの好色ものや、経済小説とも言える『日本永代蔵』『世間胸算用(せけんむねさんよう)』などで知られる。

『日葡辞書』…慶長8年(1603)、イエズス会宣教師が編纂刊行した日本語の辞書。約3万2800語を収録。ポルトガル語のアルファベットで記されているため、当時の発音がわかる大変貴重な資料。








節分と豆男 「山東京伝」

  2月3日は節分である。節分というのは本来、立春・立夏・立秋・立冬といった季節の移り変わりの節目の前日に行う行事だったが、今は、節分というと2月3日のことだけを言うようになった。
 近頃は節分の豆まきよりも恵方巻(えほうま)きを食べて厄払いしようという人が増えたようで、豆まきも殻付きのピーナツにして、あとで年の数だけ食べる人も多かろう。ピーナツ1個で1億円、ピーナツ3つで3億円というと、ニヤリとする人も少なくなった。
 
豆といえば小粒なことも形容する語になるが、人間が豆のように小粒な姿に変身して(あるいは、人の目に見えない透明人間になって)、人間の心根や、その人間の真意・考えをたずねてみたいものだという発想と願いは早くからあったようだ。
 江戸時代の桃太郎話では、桃太郎が鬼ヶ島から凱旋(がいせん)したときに持ち帰った財宝のなかには、隠れ蓑(みの)と笠(これを着ると、その人間は透明人間になる)があったとされる。
 人の目に見えないような豆粒に変身し、人間や動物にくっついてあちこちを巡ったり、体のなかに入って人間や動物の魂と入れ替わり、または隠れ蓑と笠を着て透明人間になり、そうやって人の心理を探ろうというのは、どうも人間の持つ永遠の願望なのかも知れない。

 黄表紙(きびょうし)作家市場通笑(いちばのつうしょう)の作品『即席耳学問』(寛政2年〈1790〉刊)は大黒天から隠れ蓑笠を授かり、それを着て透明人間になって人間や動物たちの心根(こころね)をさぐるという趣向であった。
 豆粒のような小さな人間に変身することができる豆右衛門(まめえもん)が、小説に初めて登場したのは、江島其磧(えじまきせき)作の浮世草子(うきよぞうし)『魂胆色遊懐男(こんたんいろあそびふところおとこ)』(正徳2年〈1712〉刊)だった。
 これ以来、いわゆる「豆男(まめおとこ)物」と称される同工異曲の作品が何作か出てきて、作家の幸田露伴(こうだろはん)などは、江戸時代の最後の豆男物の小説は滑稽本(こっけいぼん)の『夢輔譚(ゆめすけものがたり)』(一筆庵主人作・弘化元年〈1844〉初編刊)だと言っている。一筆庵主人とは渓斎英泉(けいさいえいせん)の筆名である。『夢輔譚』は、浮世夢助という男が福禄寿(ふくろくじゅ)に願って魂が入れ替わる方法を伝授してもらい、動物の魂と入れ替わるというものである。
 これは、山東京伝(さんとうきょうでん)の黄表紙『唯心鬼打豆(ただこころおにうちまめ)』(寛政4年〈1792〉刊)・『七色合点豆(なないろがてんまめ)』(文化元年〈1804〉刊)などや浮世草子の豆男物から趣向をいただいた作品である。
 『唯心鬼打豆』は、駿河(するが)の国の男が江戸へやってきて、浅草観音から動物の魂と入替われることができる豆を授かり、鰻(うなぎ)や狆(ちん)や猫や鸚鵡(おうむ)などの体内へ入りその魂と入れ替わりそれぞれの気持ちを知り、最後に父親の魂と入れ替わって親の恩を悟るという教訓性に満ちた作柄で、この趣向が読者に大いに受けた。『七色合点豆』も、豆介という男が浅草観音から豆を授かり、同様に動物たちの魂と入れ替わる話である。
  
  ところで、節分でまかれた豆を鬼が持って現れ、これを一粒食べたら最愛の女性(あるいは男性)の体内に入り魂を入れ替えられて、その人の心の働きが観察できますよ、ということになったら、あなたなら果たしてどうするだろうか。
 たぶん意見は二分されるだろう.。豆を食べて入ってみて、自分のことをどれほど愛しているか探ってみたいという派と、そんな野暮な穿鑿(せんさく)をすることは、愛する相手の女性(男性)に対する冒瀆(ぼうとく)だから止めておこうという派と。さて、あなたなら、どうする?



豆男となった作者・京伝が、無名無次郎の口から飛び出たところ。小さな体になって無次郎の体内をめぐり、堅物の彼が通人になるまでの一部始終を見てきた京伝は、それをこの黄表紙に書くことにした。山東京伝作・画『人間一生胸算用』(寛政3年〈1791〉刊)より。

市場通笑…1738〜1812。通称小倉屋小平次。一生独身で教訓作が多いことから「教訓の通
笑」といわれる。表具師で教訓亭とも。

江島其碩…1666〜1735。江戸中期の浮世草子作者。京都生まれ。西鶴の作風をまねた役者評判記『役者口三味線』が好評を得て以降、庶民の生活を写実的に描いた浮世草子を多く書いた。書肆(しょし)八文字屋自笑(じしょう)のゴーストライターとして活動したが、対立して書肆江島屋を開業。和解後は連名で八文字屋から出した。作品に、『傾城色三味線』『世間子息気質』など。

渓斎英泉…1790〜1848。池田英泉。江戸後期の浮世絵師。はじめ狩野派の画法を学んだが、のちに菊川英山に師事して浮世絵師となり、官能的な美人画を描いた。无名(むめい)翁の名で随筆も書いた。

山東京伝…1761〜1816。江戸後期の戯作者・浮世絵師。黄表紙・洒落本(しゃれぼん)の第一人者。








出替りと契約社員 椋鳥 張見世


 近頃、川柳(せんりゅう)が盛んである。誰でも作れるし、理屈抜きに「なるほど」と思わせる秀句に出会うと楽しいものである。しかし、憎まれ口だと言われるのを覚悟で言うのだが、川柳の由来がわかっているのか心もとない若い選者もいて、選ばれた川柳に首をひねることもある。それから見ると、江戸の元祖・柄井川柳(からいせんりゅう)は、流石(さすが)だなぁと思うことがしばしばである。
  そこで、柄井川柳が出した『誹風柳多留(はいふうやなぎだる)』初編(明和2年〈1765〉刊)の中から一句を紹介しよう。
   椋鳥(むくどり)が来ては格子(こうし)をあつがらせ
  この句の意味がすぐにわかった人は、かなりの江戸通である。
 江戸の川柳では「椋鳥」「というと、とくに信州地方からの季節労働者や地方武士を蔑(さげす)んで呼ぶことが多かった。
 「格子」は、吉原の張見世(はりみせ)の中をのぞけるような格子のこと。「椋鳥」は、江戸へやって来た地方からの季節労働者のことで、椋鳥のように寒い季節に江戸へやって来て稼ぎ、翌年の春先には故郷へ帰って行くところからの命名である。
  そんな田舎者たちが吉原へやって来ると、むさ苦しくて暑苦しくて、張見世の女郎たちが嫌がっていると見立てた句である。
 
その椋鳥たちが、江戸で奉公を始めたり更新したりする時期を「出替(でがわ)り」といった。江戸初期では、出替日限は毎年2月(もちろん当時だから旧暦である)であり、一年にわたるような長い期間の奉公を江戸幕府は抑制した。江戸に定住するものが多くなると、江戸の治安が乱れ、地方が過疎化するからと考えたのである。
  だがその後、寛文8年(1668)12月には武家の奉公人について、翌年正月には町家の奉公人について、出替日限を3月5日にするように町触(まちぶ)れが出された。それ以来、いちおう江戸では3月5日が出替日限ということになった。
  「いちおう」といったのは、その後、慣例通りの出替日限を守らない者が多かったので、貞享3年(1686)3月12日には、3月晦日(みそか)までに「出替り」せよと、町触れが出されたからである。そして享保の改革(1716〜1745)では、3月20日までに厳守せよと命じられた。

 どうして幕府は3月にこだわったかというと、4月になると地方での田畑の労働力確保(田植えなどの農事作業の人手確保)が必要となり、その不足を憂慮したという側面が大きい。
 
幕府はこうして雇用を管理抑制していたが、奉公人の身元保証人がいいかげんだったり、給金の支払いや未払いなどで問題が起こったりして、雇用主と奉公人とのあいだでもめ事が訴訟になって手を焼いていた。幕府はこのような裁判沙汰(ざた)を避けるために、当事者同士の契約に任せるようにして、やがて出替日限はケース・バイ・ケースとなっていったのである。
  江戸時代、出替りする季節労働者は「下男」とか「下女」とか呼ばれて、江戸の下層労働を支えていた。現代の、ちょっと前では「出稼ぎ人」、今風に言えば「契約社員」とも似ている。その「契約社員」の労働条件等で問題や訴訟が起こることは、江戸の昔と今も変わらない。現代は、「契約社員」を増やしてOKとしながら、国は保護する気もなさそうで及び腰。どこか江戸幕府の姿勢と似ている。



右の笠をかぶって歩いている二人が、出替りの女たち。料理屋の前を通り過ぎてゆく。道には桜が咲き、凧揚げに興じる子どもたち。春のお江戸の風景である。江戸の春夏秋冬を、風物詩風に描いた初代・北尾重政(きたおしげまさ)の『絵本よつのとき』(安永4年〈1775〉刊)より。

柄井川柳…1718〜1790。江戸中期の雑俳の点者(てんじゃ)。浅草龍宝寺門前町の名主。40歳の時に点者となり万句合(まんくあわせ)を始め、以後、点者として評判をとり、その選句を「川柳点」あるいは「川柳」と呼んだ。
『誹風柳多留』…川柳集。呉陵軒可有(ごりょうけんあるべし)ほか編。明和2年(1765)〜天保11年(1840)刊。167冊。1〜24編前半までは、初代・柄井川柳、以下5世までの代々の選集で、川柳文学を確立した書。
張見世…遊廓(ゆうかく)で、道路に面したところに格子をめぐらせて、部屋に並んだ遊女を見せて客を招く形式の店。
享保の改革…徳川8代将軍吉宗(よしむね)の行なった幕政改革。綱紀粛正(こうきしゅくせい)、質素倹約、旗本・御家人(ごけにん)の救済、農村対策などで、政治・財政の立て直しをはかった。
前のページ
江戸ことば月ごよみ1月
コンテンツのトップ 次のページ
江戸ことば月ごよみ 3月
地名から読み解く江戸・東京
水から読み解く江戸・東京
本から読み解く江戸・東京
人から読み解く江戸・東京
味から読み解く江戸・東京
祭(歳)事から読み解く江戸東京
会員ページ ログイン
ユーザ名:

パスワード:


パスワード紛失
新規登録
twitter江戸東京下町文化研究会

江戸東京博物館

錦絵で楽しむ江戸の名所

すみだ北斎美術館寄付キャンペーンサイト