江戸言葉 月ごよみ
棚橋正博(たなはしまさひろ)氏プロフィール
1947年秋田県生まれ。 早稲田大学エクステンション(中野校)講師。神奈川大学エクステンション(横浜KUポートスクエア)講師。早稲田大学大学院講師。早稲田大学大学院修了。日本近世文学専攻。文学博士。 黄表紙研究の第一人者で、知られざる江戸の風俗文化を多くの人々に伝えることを使命としている。テレビや講演会などでも活躍中。著書は『式亭三馬』(ぺりかん社)、『十返舎一九』(新典社)、『江戸の道楽』(講談社)、『江戸戯作草紙』『教科書が載せられない名文』『捏造されたヒーロー遠山金四郎』(小学館)など多数 (Web日本語より加筆転載)  

 私たちが何気なく使っていることばの多くが、じつは江戸生まれだってご存じでしたか? 「江戸っ子」なことばたちを、江戸の人たちがどうやって生み出し、どのように育てていったのか、「へえ〜」と思わずいいたくなる知識を、黄表紙や浮世絵の絵などとともにご紹介していきます。 

► CONTENTS
一 月 江戸の流行語大賞、吉原の正月、旧正月と名刺、江戸の大雪、正月の餅、湯屋の正月、七福神詣
二 月 命の洗濯、初午は乗ってくる仕合せ、二八(にっぱち)と品川遊郭、「べらぼうめ」と「べらんめえ」、節分と豆男、出替りと契約社員
三 月 潮干狩り、遊女のアリンス言葉 ,雛祭り、隅田川は暴れ川だった、寺子屋入り、江戸の花見、春の夜の夢と千両
四 月 菜の花と吉原、江戸のサラリー事情、藤の花と銭の花、江戸の虫除けと油虫、卯の花と豆腐、デパート商法は
五月 遅まき唐辛子、江戸のベストセラーと付録、野暮・通、端午の節句、初鰹、おへそが茶を沸かす
六月 「歩きタバコ」の禁止、山王祭と喧嘩、梅雨と番傘、6月の花嫁、江戸っ子と傘と日傘、大山詣
七月 「つんつるてん」と「テンツルテン」、七夕、江戸の売り声、江戸の朝顔ブーム、スイカと料理茶屋百川、江戸の花火
八月  遊女瀬川のファッションセンス、年寄の冷や水、江戸の「狆」ブーム、「八朔(はっさく)」とは、冷や水売りと白玉、江戸っ子とそうめん
九月 手鎖は「てじょう」と読む! 、芋名月、弥次さん北さん、重陽の節句、秋を告げる松虫、初ナスは高級品
十月  七ツ屋、十三屋、十七屋、にべもない、紅葉狩りと吉原、飲み食べ笑う「えびす講」、戯作者たちの繁忙期
、十一月 猫ばば、江戸の紅葉めぐり、酉の市と熊手、江戸の時計と季節 、酉の市と大火、顔見世興行と千両役者、「七五三」は縁起がいい
十二月  焼きがまわる、大掃除と忠臣蔵、とどのつまり、浅草寺の年の市、フグは食いたし命は惜しし、江戸の宝くじ・千両富

生活とお金  銭の話、お金の話〜両替〜、江戸っ子と小判、




生活とお金



銭の話

 お金の話をもうひとつ。銭の話である。いまでは銭といえばドルと円の為替レートなどで登場するだけだが、その銭の話である。
  江戸時代、金銀の高額貨幣のほかに、銅や鉄でつくられた「銭(ぜに)」が少額貨幣として使われていた。まん中に穴があいている丸い銭は、紐(ひも)や緡(さし)で束ねられるようになっていた。銭形平次が投げたのもこれで、四文銭(しもんせん)である。

  慶長13年(1608)の暮れの12月19日、江戸幕府は、人びとが使っていた銭「永楽通宝(えいらくつうほう)」の通用を禁止した。江戸幕府が樹立してから5年後のことだった。じつは、その永楽通宝というのは、もともと中国(明の時代)で鋳造発行された銭だった。今でたとえるなら、中国の通貨「元」や「角」がそのまま日本で使われていたようなものである。さしずめ銭は少額だから、「角」を使っていたというところだろうか。

  永楽通宝は古くから使われており、『太平記』や『徒然草』には、銭にまつわる話がしばしば登場する。だが、人びとがそれをどのように使用していたのかは、残念ながら具体的にわかっていない。
 日本人は、中国から漢字を移入しても、簡略化し平仮名やカタカナを作り、新たな文化として自立させたのに比べ、経済の面では中国の銭をそのまま使っていた。正確に言うならば、上質な貨幣であった明の永楽通宝が大量に日本へ移入されると、京都をはじめ日本各地で大量に模造銭(ニセ銭)の永楽通宝が鋳造され、流通していたということなのである。
  この和製の銭は、質が劣るところから「鐚銭(びたせん)」と呼ばれた。「鐚」という漢字は「金」と「悪」を合わせた国字。「ビタ一文(いちもん)だって渡さねえ」などというセリフにみえる鐚銭である。

  江戸幕府の初期の貨幣政策は、この鐚銭を追放するために知恵を絞り続けたともいえる。永楽通宝1000文に対し鐚銭4000文を交換レートにして、小判一両につき永楽通宝1000文、鐚銭4000文を為替レートと定め、永楽通宝の通用を禁止し、幕府は永楽通宝の回収を急いだ。そしてついに、寛永元年(1624)、江戸幕府は上質な通貨「寛永通宝(かんえいつうほう)」を鋳造発行することになる。

 諸説あるものの奈良時代の「和同開珎(わどうかいちん〈ほう〉)」は、日本で初めて流通した銭であるとされるが(708年、和銅元年に発行)、それから平安時代の天徳2年(958)に乾元大宝(けんげんたいほう)が発行されるまで12種類の銭(これを「皇朝十二銭〈こうちょうじゅうにせん〉」という)が貨幣として鋳造発行された。それ以来、日本の中央政府が久々に銭を発行したのが寛永通宝であり、約660年ぶりのことであった
 その結果、寛永通宝が市場を席巻し、なんと戦後の昭和28年(1953)まで通用していたことは、年配の人なら記憶されているだろう。
 寛永通宝は上質な貨幣だったことから、こんどは、清王朝時代の中国で通用することになるのだから、歴史はわからない。また同時に、イギリスの財政家・グレシャムが唱えた「悪貨は良貨を駆逐(くちく)する」という「グレシャムの法則」も、「良貨の寛永通宝は鐚銭を駆逐した」というわけで、良貨が悪貨を駆逐し、日本ではこの法則を逆転させていたのである。



お金は天下の回り物ということで、両替商がいる店先、銭の母親から姉と弟の銭が引き離され、旅に出て、さまざまな目に遭ったのちに再会するという話。安寿(あんじゅ)と厨子王(ずしおう)の話のをふまえている。江戸後期の戯作者(げさくしゃ)・唐来参和(とうらいさんな)の黄表紙(きびょうし)『再会親子銭独楽(めぐりあいおやこのぜにごま)』より。


グレシャム…1519〜1579。エドワード六世、エリザベス女王(一世)に仕えた王室財務官。「グレシャムの法則」を提唱して、貨幣の改鋳に努力した。


*参考書籍
・棚橋正博著『吉原と江戸ことば考』 ぺりかん社2022
・棚橋正博著『山東京伝の黄表紙を読む―江戸の経済と社会風俗』ぺりかん社2012

▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△




お金の話〜両替〜

 消費税10パーセントになって久しいが、 またぞろ消費税アップの増税の話が出てきている。
さて、今回は、お江戸の商売とお金の話。
 江戸の三井呉服店(越後屋=三越伊勢丹デパート)は、新しい商法で成功した。ひとつは、店に商品を並べて売る方法。井原西鶴(いはらさいかく)の『日本永代蔵(にっぽんえいたいぐら)』(元禄元年〈1688〉刊)には、三井八郎右衛門の話が書かれている。江戸の駿河町(するがちょう。中央区室町)に間口(まぐち)が9間(けん)(約16メートル)、奥行き40間の棟(むね)の高い店を構え、主に武士客が好む反物を揃え、手代(てだい)40人余りに反物の種類別の売り場を担当させ、客の要望に応えて布地(きれじ)を切売りもして、急ぎの客には即座に仕立てて渡したという。
 そして、三井呉服店は、「掛値(かけね)なし現金大安売り」が看板であった。「掛値なし」とは、値段を高くせず薄利多売ですということだが、ただし、「掛売り(代金を後日支払う約束で売ること。現代のクレジット・カード支払い)」は致しません、すべて現金支払いですよ、というわけである。
 江戸時代以前から商業都市だった大坂では、商品とお金を交換する現金売買の取引きより、帳面に記帳して大晦日(おおみそか)などの節季ごと(他に3月3日、5月5日、7月16日、9月9日)に決済する信用取引きが主流であった。
 それに対し新興都市だった江戸では、古くから住んでいた商人も少なく、取引きのしきたりや商道徳が未成熟だったため、売買するその場でお金を授受して決済する現金支払いが主流だった。そうした現金支払いの風土に三井呉服店の商法がマッチしたともいえるわけで、もし、同じ商法を大坂で展開させても、おそらく成功はしなかったと思われる。

 ところで、当時の小判一両は、現代価格にするとおよそ15万円相当だから、小判は高額貨幣になり、これで日常の買い物をするのは不便だった。だが、旗本(はたもと)や御家人(ごけにん)といった武士たちの俸禄は小判か米で支給されていたので、どうしても日常生活で使う場合、低額貨幣である銭に両替しなくてはならない。そこで小判を銭に専門に両替する銭両替屋が大はやりであった。
 小判や一分金(いちぶきん。小判の4分の1)といった高額貨幣の金貨を、銀貨(1両=銀60匁〈もんめ〉)や低額貨幣である銭(1両=4000文)に両替する必用に迫られ、これを両替することを「切る」、その両替賃を「切賃(きりちん)」と言った。その反対に銭4000文を1両に両替することを「打つ」と言い、両替賃のことを「打賃(うちちん)」と言った。
 江戸市中を両替して歩く銭両替屋へ武士が「小判を切ってくれ」と頼むわけである。
 しかし、幕末期になると、大→小、小→大に両替することの両方を「切る」(「切賃」)とも「打つ」(「打賃」)とも言うようになった。そして明治政府が金属貨幣から紙幣に切替えて「両」から「円」の時代を迎え、両替商は銀行と衣替えして「両」は消えた。  だから、円の紙幣を他の貨幣、銭(せん)などと交換することを「円替」「銭替」と呼び方も変わってよさそうだったのだが、江戸の昔の「両替」という言葉がそのまま残って現在でも使われている。





世の中は金が余って捨てどころに困る時代になったと、金回りがわるくなった世相を逆さ見立てにした黄表紙(きびょうし)『孔子縞于時藍染(こうしじまときにあいぞめ)』(山東京伝作・画 寛政元年〈1789〉刊)の挿絵より。
真ん中の看板には「かけねあり(掛値あり)大高売(おおたかうり)仕候(つかまつりそうろう)掛売りずいぶん仕候」と書かれている。三井呉服店など江戸の呉服屋の看板をパロディー仕立てにしている。


井原西鶴…1642〜93。江戸前期の浮世草子作者・俳人。大坂の人。西山宗因(そういん)の門下で談林風を学び、矢数俳諧を得意とした。『好色一代男』『好色五人女』をはじめ、世の中と金を描いた経済小説ともいうべき『日本永代蔵』『世間胸算用(せけんむねさんよう)』など、多数の作品を残す。


山東京伝…1761〜1816。江戸後期の戯作者・浮世絵師。北尾重政(しげまさ)に浮世絵を学び、北尾政演(まさのぶ)としても活躍。黄表紙・洒落本(しゃれぼん)の第一人者となりベストセラーを次々発行。寛政の改革で洒落本が発禁になり刑を受け、以後は読本(よみほん)と考証随筆を書いた。

*参考書籍
近著 : 棚橋正博著『吉原と江戸ことば考』 出版社 ぺりかん社


▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△



江戸っ子と小判

 「江戸っ子」という言葉が発生したのは、宝暦年間(1751〜64)か、それより前の享保年間(1716〜36)頃のことらしい。川柳(せんりゅう)に「江戸っ子」が出てくるのは、そのすぐあとの明和・安永年間(1764〜81)のことだ。

  江戸っ子の草鞋(わんらじ)を履(は)くらんがしさ(明和8年〈1771〉)
  江戸っ子の生まれぞくない金をもち(安永2年〈1773〉)

 ちょっとそこに旅にでるために草鞋を履くのにも江戸っ子は騒々しい。そんな江戸っ子は生まれながらにしてお金にはエンがないから、「宵越しの金」などはもっていないとタンカを切るのだ。
 水道の水(神田上水や玉川上水)で産湯(うぶゆ)をつかったのが江戸っ子の自慢というわけだが、明和から安永にかけては、江戸は100万人を超える一大都市になっていたので、その自慢もうなずけるところであった。
 江戸幕府が開闢(かいびゃく)してからおよそ100年たった元禄(げんろく)年間(1688〜1704)の頃には、江戸の人口は70〜80万人くらいだったのだが、それがさらに1世紀近くたった安永・天明年間(1772〜89)になると150万人前後に膨張していた。

 ところで、カルチャーセンターなどで講義をしていると、「江戸時代の小判は現代のいくらくらいか?」という質問をよく受けるが、これには即座に答えられない。というのも、江戸時代は約270年つづいたわけだから、いつの時代の価値なのか、時代によって違うからなのである。
 江戸の庶民たち、とりわけあまりカネに縁のないような江戸っ子たちならば、小判一両の4分の1に相当する一分金は日常生活のなかで使うこともあったろうが、小判一両となれば、めったに手に入れることも使うこともなかった。そもそも江戸っ子の庶民の懐(ふところ)には、「小判」といった高額貨幣が入ってくるのはめったになかったので、川柳でもこう詠まれる。

  是(これ)小判たつた一ト晩居てくれろ(明和2年〈1765〉)

 小判に「たったひと晩でいいから居ておくれ」と願望するこの句は、「あかぬ事かなあかぬ事かな」という前句に対して付けられたものであった。「あかぬ事」とは「かなわないこと」の意味で、たったひと晩、懐に一両小判を入れて暖めることもかなわなくて小判は逃げてゆく。それでカネのことを「お足」と言うのかと感心する江戸っ子もいただろう。
 金のことを「お足」と言うのは、中国の魯褒(ろほう)が書いた書『銭神論』に見える、銭は足がないのに走り去るという譬(たと)えに由来し、それが女房言葉(女性語)となり、現在でもカネのことを「お足」と言うようになったとされている。

 さて、この句のできた明和初年頃の小判一両は、どのくらいの価値があったものかとなると、またこれがなかなか難しいところで、江戸時代は資本主義の原則通り、ゆるやかなインフレーションが起きていて、時々の一両小判の価値は変遷していたのである。
 そこで、明和初年頃の米価で比較してみようと思う。江戸でのコメ相場は一石(180リットル)あたり約一両であった。白米1リットルの重さは、おおよそ833.33g(0.833圈砲世ら、コメ一石は約150圓箸覆襦
 現代の白米5圓両売価格が4000円として、30倍して150圓箸垢譴丕隠暇円見当になる。だが、江戸時代のこの価格はコメ相場(玄米)のもの、白米での小売価格だと25%増しと考え計算すると15万円。なるほど一両が15万円札(貨幣)なら、ひと晩も居てくれないだろう。




吉原で遊女を身請けして小判を飛ばす大尽(だいじん)と小判を拾うやり手や亭主たち。 山東京伝(さんとうきょうでん)の黄表紙(きびょうし)『九界十年色地獄(くがいじゅうねんいろじごく)』寛政3年(1791)刊より。
川柳…江戸中期、前句付の撰者(点者)の柄井(からい)川柳が興した17音(5・7・5)で世相などを鋭くとらえた短詩型文学。

山東京伝…1761〜1816。江戸後期の戯作者・浮世絵師。北尾重政(しげまさ)に浮世絵を学び、北尾政演(まさのぶ)としても活躍。黄表紙・洒落本(しゃれぼん)の第一人者となりベストセラーを次々発行。寛政の改革で洒落本が発禁になり刑を受け、以後は読本(よみほん)と考証随筆を書いた。

黄表紙…江戸後期に出版された絵入りの読み物。洒落と風刺を織り交ぜた内容で、表紙や本文の絵に工夫をこらした。表紙が黄色であったことからこう呼ばれ、安永4年(1775)から文化年間(1804〜1818)にわたり流行した。


*参考書籍
近著 : 棚橋正博著『吉原と江戸ことば考』 出版社 ぺりかん社


▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△





前のページ
江戸ことば月ごよみ12月
コンテンツのトップ
物売りから読み解く江戸・東京
地名から読み解く江戸・東京
大道芸から読み解く江戸・東京
物売りから読み解く江戸・東京
本から読み解く江戸・東京
人から読み解く江戸・東京
味から読み解く江戸・東京
祭(歳)事から読み解く江戸東京
会員ページ ログイン
ユーザ名:

パスワード:


パスワード紛失
新規登録
twitter江戸東京下町文化研究会

江戸東京博物館

錦絵で楽しむ江戸の名所

すみだ北斎美術館寄付キャンペーンサイト

国立公文書館デジタルアーカイブ

玉川上水ネット

勝海舟記念館