江戸言葉 月ごよみ
棚橋正博(たなはしまさひろ)氏プロフィール
1947年秋田県生まれ。 早稲田大学エクステンション(中野校)講師。神奈川大学エクステンション(横浜KUポートスクエア)講師。早稲田大学大学院講師。早稲田大学大学院修了。日本近世文学専攻。文学博士。 黄表紙研究の第一人者で、知られざる江戸の風俗文化を多くの人々に伝えることを使命としている。テレビや講演会などでも活躍中。著書は『式亭三馬』(ぺりかん社)、『十返舎一九』(新典社)、『江戸の道楽』(講談社)、『江戸戯作草紙』『教科書が載せられない名文』『捏造されたヒーロー遠山金四郎』(小学館)など多数 (Web日本語より加筆転載)  

 私たちが何気なく使っていることばの多くが、じつは江戸生まれだってご存じでしたか? 「江戸っ子」なことばたちを、江戸の人たちがどうやって生み出し、どのように育てていったのか、「へえ〜」と思わずいいたくなる知識を、黄表紙や浮世絵の絵などとともにご紹介していきます。 

► CONTENTS
一 月 旧正月と名刺、江戸の大雪、正月の餅、湯屋の正月、七福神詣
二 月 二八(にっぱち)と品川遊郭、「べらぼうめ」と「べらんめえ」、節分と豆男、出替りと契約社員
三 月 雛祭り、隅田川は暴れ川だった、寺子屋入り、江戸の花見、春の夜の夢と千両
四 月 江戸のサラリー事情、藤の花と銭の花、江戸の虫除けと油虫、卯の花と豆腐、デパート商法は
五月 江戸のベストセラーと付録、野暮・通、端午の節句、初鰹、おへそが茶を沸かす
六月 山王祭と喧嘩、梅雨と番傘、6月の花嫁、江戸っ子と傘と日傘、大山詣
七月 七夕、江戸の売り声、江戸の朝顔ブーム、スイカと料理茶屋百川、江戸の花火
八月  「八朔(はっさく)」とは、冷や水売りと白玉、江戸っ子とそうめん
九月  重陽の節句、秋を告げる松虫、初ナスは高級品
十月  紅葉狩りと吉原、飲み食べ笑う「えびす講」、戯作者たちの繁忙期
十一月  酉の市と大火、顔見世興行と千両役者、「七五三」は縁起がいい
十二月  浅草寺の年の市、フグは食いたし命は惜しし、江戸の宝くじ・千両富






 七月





七夕
落語「堀の内」「粗忽(そこつ)の使者」

今年は、JAXAの小惑星探査機はやぶさ2号が持ち帰った小惑星の砂や粒子分析に注目が集まっている。 ひょっとしたら、七夕の天の川観測も話題になるかも知れない。
  七夕の日はたいてい天気が悪く、夜空が見えないことがおおいが、これにはわけがある。
江戸時代の七夕は、旧暦(太陰暦)の7月7日。これは、現代の新暦(太陽暦)にすると、だいたい8月の上旬であった。それをそのまま、新暦の7月7日の行事として受け継いだものだから、この日はまだ梅雨があけきらず、肝心の天の川が見えないことがあるのだ。
 七夕は、牽牛(けんぎゅう)と織女(しょくじょ) の2つの星が、1年に一度、7月7日に天の川を渡って再会するという中国の古代伝説にちなむ。そして、中国で女性が裁縫の上達を願った「乞巧奠(きっこうでん)」という行事と、日本固有の織女を信仰する「棚機(たなばた)」(はたを織ること、織る人)とが習合(しゅうごう)したものである。この日に書道や技芸など、いろいろな願いを短冊に書いて祈願する風習も、乞巧奠に由来する。
  もともと宮中の女御(にょうご)の年中行事だった七夕は、江戸時代、幕府の大奥や大名などの奥向きで流行し、それがしだいに民間に広まっていったといわれる。
  江戸市中では、七夕が近くなると、笹竹(ささたけ)売りや短冊(たんざく)売りが町中を売り歩き、夏の風物詩となっていた。寺子屋では、寺子のたちが書道上達の願いを短冊に書いて笹竹に結わえたものだった。今でも少なくなったとはいえ、笹竹にいろいろな願い事を書いて飾っているのを街で見かけることがある。
  図版は、喜多川歌麿(きたがわうたまろ) 画の『絵本あまの川』(寛政3年〈1791〉刊)に描かれた七夕の飾り棚。短冊に吊された笹竹を両端に立てた棚に、糸の束や着物をかけてお供え物をし、手前には琴が飾られている。空には天の川と星が見える。夕涼みがてら、女性や子どもたちがお祈りをしに集まっている。
  桜川慈悲成(さくらがわじひなり) の黄表紙(きびょうし)にも、七夕が登場する。「天筆和合楽(てんぴつわごうらく)」(書きぞめに書く成語)をもじった『天筆阿房楽(てんぴつあほうらく)』(天明8年〈1788〉刊)が、それである。
  「物忘れのお守り」を唐人(とうじん。中国人)から授かった浮世夢介(うきよゆめすけ)は、諸人にこのお守りを与えて回る。清玄が桜姫のことを忘れるやら、勘当したことを忘れてしまった親のもとに息子はもどり、人々は金の貸借りもすっかり忘れてしまう始末となる。
  ある日、大名の殿様の年忘れの会に呼ばれた夢介が、屋敷で皆にお守りを与えると、皆で年忘れの会だということを忘れてしまう。御殿(ごてん)女中たちは、七夕様やお雛様の祭りをてんでんに繰り広げて大騒ぎとなる。いかにも幇間(ほうかん。太鼓持)の慈悲成らしい座敷で披露する、今の落語の「堀の内」のような噺である。
喜んだ殿様からご褒美(ほうび)をもらった夢介は、勇んで自宅へ帰ろうとするが、自宅がどこか忘れてしまう。近所の家に飛び込み、若い者に連れられて家に帰ったところで、女房に声をかけられて夢からさめる夢介であった。



『絵本あまの川』(寛政3年〈1791〉刊、早稲田大学図書館蔵)より。

牽牛と織女…牽牛星と織女星。牽牛星はわし座の首星アルタイル、織姫星は琴座の首星ベガの漢名。夏の空に天の川をはさんで明るく輝く。

喜多川歌麿…1753〜1806。江戸中期の浮世絵師。美人画の第一人者。

桜川慈悲成…1762〜1839?。江戸後期の戯作者。飾り細工師のかたわら幇間(ほうかん、太鼓持)もした。落とし噺(落語)を開拓したひとりで、現在の幇間芸の桜川家の中興の祖。『天筆阿房楽』は、落語の「堀の内」「粗忽(そこつ)の使者」などの噺(はなし)の原話となっている。











江戸の売り声
 
 「きんぎょーや、きんぎょー」、江戸の街を金魚売りがゆく。
 金魚は、元和6年(1620)に朝鮮半島から渡来したとされる(『武江年表』)。半世紀もすぎると、品種改良された金魚は初鰹(はつがつお)より高い5両以上の高値で売れ、ヒマな大名や金持たちは金魚の品種改良に血道を上げたという。
 安永年間(1772〜80)頃になると、売り声は夏の風物詩ということになってくる。客が来ると天秤棒を下ろして客の望みの金魚を売った。川柳には、

 金魚売り是か是かと追つかける   
(『誹風柳多留』9編〈安永3年刊〉)

と詠(よ)まれている。朝早くに来る、売り声が「アッサリ、死んじめえ」と聞こえるという「アッサリ、シジミ」という掛け声の浅蜊(あさり)・蜆(しじみ)売りは子どものアルバイトであった。納豆売りや豆腐売りも朝早くやってきた。
 今は、こういった街中を売り歩く物売りそのものがいなくなってすっかり久しい。もう、ふた昔も前になろうか、スピーカーで呼び歩いていたのはちり紙交換のトラックだったが、最近では乗らなくなった自転車やモーターバイクなどの廃品回収車の呼びかける声や相変わらず焼芋屋の笛の音が聞こえるていどになった。
 ちり紙交換は江戸時代の紙屑屋(かみくずや)で、商いするテリトリー(縄張り)が暗黙のうちに決められていて、決まった時間に回ってくるから掛け声は不要でもあったわけだが、紙屑屋はリサイクルの代名詞というようなことを言う向きもあるが、たしかに和紙は漉返(すきかえ)しが可能で、その再生紙は浅草紙(あさくさがみ)などと呼ばれ黄表紙(きびょうし)など草双紙(くさぞうし)と称される絵本、今で言えばマンガ、コミック本の紙として再利用された。現代のマンガ、コミックも再生紙を利用していることは、江戸の伝統を引き継いだもので、あのザラザラした触感がスマートフォンの触感にとって代わられる日は近いかも知れないどころか、もうはじまっている。
  再生紙の話のついでに言うと、ちり紙交換の紙の多くは段ボールで再利用されるわけだが、再生紙の浅草紙とちがって段ボールに加工するのには糊が必要である。作る工程において重ねて厚くするために使う糊の多くは輸入トウモロコシや輸入小麦粉を原料としている。そこで円高になると段ボールの値段も安くなるはずだが。
 他のリサイクルの再生紙も、紙屑屋が回収した紙を水に浸し漉返す単純作業の江戸時代とちがって複雑になってきている。白い再生紙になるまで遠心分離器などの機材を使って電力を消費し、漂白剤を使用したりと事情は違っている。江戸時代と同じリサイクルだというのは、「ふうたきい」(聞いた風の倒語。知ったかぶり)の事情オンチ・経済オンチの話である。
 十返舎一九(じっぺんしゃいっく) が糞リアリズムで会話を書いた洒落本(しゃれぼん)  『吉原談語(よしわらだんご)』(享和2年〈1802〉刊)に見える玉子売りの売り声は、川柳で「一声も三声(みこえ)も呼(よば)ぬ玉子売」(『誹風柳多留』60編〈文化9年(1812)刊〉)というように「たまァごたまごゥ」である。現在、噺家が高座で売り声をするのと若干違うようにも思われるが、おそらく世の中が慌ただしくなった明治頃からちょっと変わってきたらしい。紙屑屋の掛け声とされる「クズーィ、紙屑」も明治なって街中を流すようになってからの掛け声のようでもある。
  一九は『吉原談語』で鮨売りの呼び声も書いている。もちろん今の握り寿司ではなく押し鮨(熟〈な〉れ寿司)を箱に入れて売り歩いたもので、「青柳すゥし、鯛のすゥし」である。これは風鈴蕎麦(二八蕎麦)などと一緒に庶民の夜食向けに売り歩いた。



紙屑拾いが江戸の街をゆく。両替商の息子が色里に入れあげて家財をなくし、一念発起して古金買いと紙屑拾いをはじめ成功するという、黄表紙『金紙屑〈しゅっせのかみくず〉』(安永4年〈1775〉刊)の挿絵より。


十返舎一九…1765〜1831。江戸後期の戯作者。ベストセラー『東海道中膝栗毛』をはじめ、さまざまなジャンルの作品を多く残した。

洒落本…近世後期小説の様式。遊里での遊びを題材にして、会話体で遊里の内部や恋の手くだを写実的に描いた。













江戸の朝顔ブーム
                                              入谷の朝顔市
 梅雨が明けると一気に暑い夏。今はクーラーがあるから快適だが、むかしは夏を涼しく過ごすためにさまざまな工夫をこらした。ことに朝晩の涼しさを愛(いつくし)んだ暮らしはなつかしい。
 蚊帳(かや)は、夏の夜の風物であった。
 加賀の国(石川県)の千代女(ちよじょ)は、夫を失ったあと、「起きて見つ寝て見つ蚊帳の広さかな」と詠(よ)んだとの伝説がある(実際は遊女浮橋の句とされる)。「お千代さん蚊帳が広くば泊まらうか」(『誹風柳多留』81編〈文政7年(1824)刊〉)は、そんな俗説を踏まえ、ひとり寝ていると、広く感じる蚊帳であるならお千代さん、ちょっと一晩、お邪魔しましょうかとの句意である。
 そして、江戸庶民に知られた千代女の句は、何といっても次の句だろう。

  朝顔に釣瓶(つるべ)とられて貰(もら)ひ水

  アサガオの咲く早朝の井戸端の様子が目に浮かぶ。水道が発達して井戸が消えた今では、釣瓶の説明が必要となる。昔は家の中に井戸があるのは珍しく、井戸は裏口や庭先などの屋外にあって釣瓶で水を汲んだものである。
朝早く井戸の水を汲もうとすると、一夜のうちに伸びたのであろうアサガオの蔓(つる)が釣瓶に絡みついていて、蔓を切ってしまうのはしのびなく、近所に貰い水をしたという句意である。
 
アサガオが園芸植物として愛玩されたのは江戸時代になってからで、大名から庶民までが、異花奇葉のものや大輪の花を咲かせる品種改良に夢中になった。とくに下谷御徒町(したやおかちまち。台東区上野)では、文化3年〈1806〉3月4日の江戸大火(丙寅〈へいいん〉の大火)で御徒衆(おかちしゅ)の組屋敷が大火で罹災して後、空き地だらけになってしまった。そこで頭の働く御徒衆がいてアサガオの栽培を始めたのがきっかけで、「下谷の朝顔」と呼ばれ人気となった。
 折からのアサガオ愛玩ブームに乗って、黄色の花のアサガオまで現れたと曲亭馬琴(きょくていばきん)は伝えているようだが、珍花と大輪の花を求めて品種改良は、アサガオにとどまらず、キク・ラン・ツツジ・ツバキ・カエデなどにもおよんだ。オーストリアの生物学者メンデル(1822〜84)も顔負けの遺伝品種の改良は、現代のように遺伝子組換えがないばかりだったといえた。
 
  やがて下谷御徒町が復興して空き地を有効活用するようになると、上野をはさんで入谷(いりや)でもアサガオの栽培がはじまり、明治維新を迎える。現在の入谷鬼子母神(きしもじん)の境内で行われる朝顔まつりは、江戸時代の「入谷の朝顔」の名残りを伝えるものである。
 朝顔まつりは、毎年7月6日〜8日に開かれる。やはり大輪のアサガオが人気のようでもある。 今年は新型ウイルス騒動で、果たして人出はどうでろうか。



上が黄色の朝顔。「極黄采 一種 色如菜花(色は菜の花のごとし)」とある。(『あさがほ叢』上巻、文化14年(1817)刊、雑花園文庫蔵)

千代女…1703〜75。江戸中期の女流俳人。加賀松任の生まれで、「加賀の千代女」と呼ばれた。芭蕉の高弟・各務支考(かがみしこう)より俳諧の指導を受け、わかりやすく親しみやすい作風で生前没後ともに名声を博した。

御徒衆…将軍や大名の行列の供をしたり警固にあたったりする侍。

曲亭馬琴…1767〜1848。江戸後期の戯作者。代表作に、長編の読本(よみほん)『椿説弓張月(ちんせつゆみはりづき)』『南総里見八犬伝(なんそうさとみはっけんでん)』など。

入谷鬼子母神…台東区下谷にある法華宗本門流の寺。万治2年(1659)開創。鬼子母神像をまつり、「恐れ入谷の鬼子母神」というしゃれ言葉でも親しまれている。



▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△




スイカと料理茶屋百川
                                           落語「百川」
夏の代表的な果物スイカ(西瓜)が日本に伝来したのは徳川時代の寛永年間(1624〜44)のことだと、農学者・宮崎安貞(やすさだ)などが唱えてから、それが江戸時代では常識化していた。しかし、江戸幕府開闢(かいびゃく)と同時に刊行された 『日葡(にっぽ)辞書』に「スイカ(水瓜)」の語が載っているので、すでに江戸時代より前に栽培されていたことがわかる。伝来時期は、南北朝時代(1336〜92)以前に遡(さかのぼ)るようである。
 江戸初期、スイカは肥前(佐賀・長崎県)や薩摩(鹿児島県)など九州の名産だったという。江戸の庶民がスイカを食べるようになったのは、江戸時代も半ば頃になってからであろう。
  江戸庶民が食べるスイカは黒皮だったというが、江戸後期頃の絵を見ると、屋台で切り売りされているスイカには、黒っぽい地色に縦縞模様がある。おそらく江戸の庶民がスイカを好んで食べるようになった頃には、品種改良がなされ、あるいは新品種の輸入などがあって、現代より黒っぽいが、縦縞のあるスイカだったと考えられる。
 スイカと同じウリ科であるウリは、今はマスクメロンに取って代わられたようである。中高(なかだか)でやや細長い色白美人を、ウリの種に似ているところから「瓜実顔(うりざねがお)の美人」という形容も、すっかり聞かなくなってしまった。
 ところで、今でも地方によっては、スイカやウリの皮を塩漬けにした漬物が名物のところもある。とくにスイカの皮は、中国料理の前菜に使われることがおおい。
 
 江戸時代も半ば過ぎになると、中国料理を喜ぶ江戸人があらわれて、江戸に卓袱料理(しっぽくりょうり)を看板にした料理茶屋も出現してくる。
 落語の「百川(ももかわ)」の舞台となる、日本橋浮世小路(うきよしょうじ)にあった料理茶屋・百川は中国料理の代表的な店であった。「百川さんとう」(さんとうは山東の意味か不明)と号する料理茶屋百川のたたずまいは庵(いおり)風の店構えで、中の座敷にはテーブルが置かれ、中国式の卓袱料理が並べられていたことが、四方山人(よもさんじん)の黄表紙(きびょうし)に描かれている。
 物珍しさも手伝って夏にでもなれば百川では、金持ちの通人客たちは、スイカの皮の前菜をはじめとする中国風の高級料理の数々に舌鼓(したつづみ)を打って、隅田川で上げられる花火を見て暑気払いしたことだろう。 

 落語「百川」は、あたらしく百川の奉公人になったばかりの田舎者の百兵衛が、早呑込(はやのみこ)みで失敗を繰り広げる話である。百兵衛が河岸(かし)の若い衆に、長谷川町に住む常磐津(ときわず)の師匠の亀文字(かめもじ)を呼びにやらされる。ところが、百兵衛は一字違いの医者の鴨地(かもじ)先生を呼んで来るという間違いをする。カメモジがカモジと、「たった1文字の違い」だったのである。亀文字は実在する常磐津の師匠だった(随筆『一話一言』)。
落語家は和風の料理屋のように演(や)るが、もともと「百川さんとう」は中国料理を看板にする料理茶屋だったのである。





スイカは丸ごと売るだけでなく、切り売りもしていた。勇み肌の男がスイカを斬って、刀の斬れを試して見せている。(『親和染五人男』天明年間〈1781〜89〉刊) 

宮崎安貞…1623〜97。江戸初期の農学者。武士を捨てて農業技術の研究をした。著書に『農学全書』。

『日葡辞書』…慶長8年(1603)にイエズス会宣教師がポルトガル語で編纂刊行した日本語の辞書。約3万2800語を収録。当時の発音がわかる貴重な資料。

卓袱料理…長崎に伝わる、中国料理と江戸前料理が混ざり合って発展した独特な料理。卓袱台の上にさまざまな料理を器に盛って置き、各人が取り分けて食べる。

四方山人…大田南畝(おおたなんぽ)の別号。1749〜1823。江戸後期の狂歌師・戯作者。百川の絵が描かれている作品は、天明4年(1784)刊行の(『頭(あたま)てん天口有(てんにくちあり)』。随筆に『一話一言(いちわいちげん)』がある。


▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△




江戸の花火
                                              落語「たがや」
 夏は花火の季節である。夏の夜空に打ち上げられる花火は、最近では全国各地で行われるようになり、夏の風物詩となっている。
 江戸の夏といえば、隅田川の花火であるが、今年は残念ながら新型ウイルス禍で中止となった。
 図版は、江戸後期、天保5年(1834)刊行の『江戸名所図会(えどめいしょずえ)』に描かれた両国橋の納涼花火。隅田川に浮かべた小舟から花火が放たれ、まわりには見物の屋形船が集まっている。両国橋も見物人であふれている。こんなふうに江戸人たちは納涼花火を楽しんだようだ。
 ちなみに、江戸の花火の大きさは今よりもずっと小さかった。空中高く広がる大輪の花火は、明治になってからである。着火起爆剤の塩素酸カリウム(マッチの原料など)が輸入されたことで、花火が飛び散る技術革新がもたらされた。
 さて今回は、江戸の花火の起源などについて、巷間(こうかん)にさまざまなことが伝わっているが、じつは、それらはよくわかっていないことがおおいという話。かの江戸考証研究家の泰斗(たいと)・三田村鳶魚(みたむらえんぎょ)も、隅田川の納涼花火については、正確なことが資料に残っていないと嘆いていた。
 隅田川の納涼花火のはじまりについては、享保17年(1732)5月27日、幕府が全国の疫癘(えきれい。コレラ)退散の慰霊祭をした際に、花火を打ち上げたことからだと伝わっている。だが、徳川吉宗将軍の日記『有徳院殿実紀』(『徳川実紀(とくがわじっき)』)には、この行事についての記載はない。
 かつて隅田川は氾濫(はんらん)を繰り返していた川で、現在のようなおだやかな流れになったのは、承応3年(1654)の利根川の瀬替えが完成してからであり、納涼花火もその頃からさかんになったらしいが、享保17年は、それから80年もたってからである。
 また、この年の5月は閏月(うるうづき)だったので、どちらの5月だったのかも判然としない。この伝説は、幕末から明治にかけて捏造(ねつぞう)されたものである。
 江戸の花火屋と言えば、「た〜まや〜」「か〜ぎや〜」の掛け声でも有名な「玉屋(たまや)」「鍵屋(かぎや)」である。落語「たがや」のマクラでは、いつも玉屋ばかり声がかかるので、「橋の上玉屋玉屋の声ばかりなぜに鍵屋と言わぬ情(錠)なし」という狂歌(きょうか)が大田蜀山人(しょくさんじん)作と紹介されている。
 玉屋が、鍵屋6代目から独立したとされる通説がある。
 これは12代鍵屋弥兵衛が三田村鳶魚のインタビューに答えたものとされるが、玉屋の独立については、安永年間(1772〜80)とも文化年間(1804〜17)とも諸説があり、怪しい。というのも、宝暦元年(1751)刊行の江戸の案内書『江戸惣鹿子(そうかのこ)名所大全』に、すでに玉屋が出ているから、この説は間違いである。
 玉屋は、天保14年(1843)4月17日、丁稚(でっち)が火薬調合に失敗して自火を出し、江戸を追放されてしまう。玉屋の商売の開始年代から江戸追放の処罰をされるまでの経緯は、江戸町奉行の刑事判例集『御仕置例類集(おしおきれいるいしゅう)』にくわしく記されていたはずだが、残念ながら、この資料が記載されている天保年間(1830〜43)のものは関東大震災で焼けてしまった。
 その一部の写しが『藤岡屋日記』に玉屋処罰のこととして見えるが、玉屋の開業時期についての詳細な記述はない。玉屋が鍵屋から独立したという話は眉唾物(まゆつばもの)であることだけは確かである。




両国橋の納涼花火の様子。『江戸名所図会』(天保5年〈1834〉刊)より。手前の両国橋西詰には、芝居小屋や見世物小屋が掛けられ、土弓場などの遊興場もあり、大変賑わっている。


『徳川実紀』…江戸後期、幕府編纂の史書。文化6年(1809)起稿、天保14年(1843)完成。家康から第10代家治(いえはる)までの将軍ごとに詳細を記述。

利根川の瀬替え…かつて入間川(いるまがわ)・荒川・利根川・渡良瀬川(わたらせがわ)・鬼怒川(きぬがわ)などが隅田川に集中し、氾濫しながら江戸湾に流れていた。元和7年(1621)から利根川の浚渫(しゅんせつ)工事が本格化。利根川や渡良瀬川などを銚子口から太平洋へ直接流れるように改流。承応3年(1654)完了。以後、隅田川の氾濫はなくなる。

三田村鳶魚…1870〜1952。明治〜昭和の随筆家。江戸風俗・文学・演劇の考証家。武州
八王子(東京都八王子市)生まれ。『未刊随筆百種』23冊編纂のほか、40余の著作を刊行。

閏月…太陰暦(旧暦)では、月齢を基準にして1年を計算するので季節とのずれなどが起こる。それを是正するために何年に一度か1か月(閏月)増やして13か月とする。

大田蜀山人…大田南畝(おおたなんぽ)の号。1749〜1823。江戸後期の狂歌師、洒落本・滑稽本作者。幕府に仕える下級武士でもあった。

『藤岡屋日記』…江戸後期の日録。文化元年(1804)から慶応4年(1868)までの江戸の出来事をさまざまな記録から集めて編年で筆記したもの。編者は、上野国(こうずけのくに。群馬県)藤岡出身の須藤由蔵。江戸に出て神田で古本屋を始め、江戸市中の情報をまとめて諸藩に売った。



前のページ
江戸ことば月ごよみ 6月
コンテンツのトップ 次のページ
江戸ことば月ごよみ 8月
地名から読み解く江戸・東京
水から読み解く江戸・東京
本から読み解く江戸・東京
コラム 寄席à la carte(アラカルト)
人から読み解く江戸・東京
味から読み解く江戸・東京
年表から読み解く江戸・東京
祭(歳)事から読み解く江戸東京
会員ページ ログイン
ユーザ名:

パスワード:


パスワード紛失
新規登録
twitter江戸東京下町文化研究会

江戸東京博物館

錦絵で楽しむ江戸の名所

すみだ北斎美術館寄付キャンペーンサイト