アルバムトップ : 新着PHOTO :  【閻魔賽日】(えんまさいじつ)七月十六日は閻魔賽日(えんまさいじつ)といって閻魔の休日。 "

[<     1  2  3  4  5  6  7     >]

【閻魔賽日】(えんまさいじつ)七月十六日は閻魔賽日(えんまさいじつ)といって閻魔の休日。 "
【閻魔賽日】(えんまさいじつ)七月十六日は閻魔賽日(えんまさいじつ)といって閻魔の休日。 "
投稿者sibugakisibugaki さんの画像をもっと!   前回更新2024-7-4 8:05    
ヒット数36  コメント数0    
お盆休みには「地獄の釜の蓋(ふた)が開く」と言った。
地獄で罪障(ざいしょう)を犯した者を裁く閻魔様も、
江戸時代も後半になった江戸では、お盆休み(7月16日前後の休み「藪入〈やぶいり〉」)になると、
休暇をとることになるだろうと見立てたところから生まれた言葉だった。
藪入(やぶいり)で奉公先から休みをもらった人々も、閻魔詣で繰り
その日は閻魔大王を祀る寺では縁日として大変に賑わった。

▲挿絵 『地獄極楽図』河鍋暁斎画 東京国立博物館蔵

関連コラムはこちら
>江戸言葉 月ごよみ『地獄とエンマ様』
http://www.edoshitamachi.com/modules/tinyd11/

>江戸の夏行事〜今に継承されているものの由来〜
http://www.edoshitamachi.com/web/daidougei/



[<     1  2  3  4  5  6  7     >]

投稿された内容の著作権はコメントの投稿者に帰属します。