トピックス : 【江戸の物売り】 夏商いの各種売り声で(金魚売り、ところてん売り、茄子売り、水売り、植木売等々)で町は賑やか。
投稿者: 江戸渋 投稿日時: 2024-7-2 15:53:23 (24 ヒット)

「きんぎょーや、きんぎょー」、江戸の街を金魚売りがゆく。
金魚は、元和6年(1620)に朝鮮半島から渡来したとされる(『武江年表』)。半世紀もすぎると、品種改良された金魚は初鰹(はつがつお)より高い5両以上の高値で売れ、ヒマな大名や金持たちは金魚の品種改良に血道を上げたという。

関連コラムはこちら>
・江戸言葉 月ごよみ『江戸の売り声』
 >http://www.edoshitamachi.com/modules/tinyd11/index.php?id=8
・江戸の夏行事〜今に継承されているものの由来〜
 >http://www.edoshitamachi.com/web/daidougei/

画像はこちら>
・ 『今様職人尽歌合』 金魚売より
 >http://www.edoshitamachi.com/modules/myalbum/photo.php?lid=783&cid=50