アルバムトップ : 新着PHOTO :  Total:6

並び替え:  タイトル () 日時 () ヒット数 ()
現在の並び順: 日時 (新→旧)

1 番〜 6 番を表示 (全 6 枚)



江戸時代 酉の市風景

江戸時代 酉の市風景
投稿者渋柿渋柿 さんの画像をもっと!   前回更新2018-10-22 13:12    
ヒット数34  コメント数0    
浅草の鷲神社は東側に遊郭があり、地の利も加わり最も有名な酉の市として現在に至る。写真は江戸時代の熊手下の説明絵の拡大。
詳細は「酉の市(とりのいち)」のコラム参照
http://www.edoshitamachi.com/modules/tinyd9/index.php?id=3
*2018年は一の酉(11月1日)二の酉(11月13日)三の酉(11月25日)

江戸時代から続く酉の市(写真:江戸時代の熊手)

江戸時代から続く酉の市(写真:江戸時代の熊手)
投稿者渋柿渋柿 さんの画像をもっと!   前回更新2018-10-18 18:27    
ヒット数23  コメント数0    
酉の市は、秋の収穫物や実用の農具が並んだ近郊農村の農業市が江戸市中へと移行するに従い招福の吉兆を満載した飾り熊手などを市の縁起物とする都市型の祭へと変遷。

菊は皇室の紋章

菊は皇室の紋章
投稿者渋柿渋柿 さんの画像をもっと!   前回更新2018-10-18 18:27    
ヒット数26  コメント数0    
明治2年制定、明治11年には赤坂の仮皇居で初めての「菊花拝観」を開催。
現在、各市町村が競うかのように菊花展を開催し、菊の栽培が全国へと広がっている。

江⼾時代は大園芸ブーム

江⼾時代は大園芸ブーム
投稿者渋柿渋柿 さんの画像をもっと!   前回更新2018-10-18 18:26    
ヒット数29  コメント数0    
菊は奈良時代中期に薬草として伝来、江戸時代に盛んに品種改良が行われ、今の花形のすべてが作られた。将軍や⼤名から下町で暮らす庶⺠たちまで、園芸植物を熱⼼に栽培し、鑑賞していた。

赤坂氷川祭 氏子祭半纏「福吉」(フクヨシ)

赤坂氷川祭 氏子祭半纏「福吉」(フクヨシ)
投稿者渋柿渋柿 さんの画像をもっと!   前回更新2018-10-18 18:26    
ヒット数25  コメント数0    
江戸期にあった福岡藩・人吉藩から明治5年赤阪福吉町
となった大変に縁起の良い名称(現在:赤阪2丁目)

赤坂氷川祭の名物 江戸型山車人形「頼義(1846年作)」

赤坂氷川祭の名物 江戸型山車人形「頼義(1846年作)」
投稿者渋柿渋柿 さんの画像をもっと!   前回更新2018-10-18 18:24    
ヒット数22  コメント数0    
二輪車の上三層の構造物で二段上下可変式のカラクリ構造
幅:2.5m 長さ:5m 高さ:7m

1 番〜 6 番を表示 (全 6 枚)



人から読み解く江戸・東京
ことばから読み解く江戸・東京
年表から読み解く江戸・東京
地名から読み解く江戸・東京
祭(歳)事から読み解く江戸東京
会員ページ ログイン
ユーザ名:

パスワード:


パスワード紛失
新規登録
twitter江戸東京下町文化研究会

錦絵で楽しむ江戸の名所

すみだ北斎美術館寄付キャンペーンサイト