アルバムトップ : ∈仍 : 酉の市 :  Total:32

並び替え:  タイトル () 日時 () ヒット数 ()
現在の並び順: 日時 (新→旧)

1 番〜 20 番を表示 (全 32 枚)(1) 2 »



冬の風物詩  浅草田圃酉の市

冬の風物詩 浅草田圃酉の市高ヒット
投稿者sibugakisibugaki さんの画像をもっと!   前回更新2023-7-12 23:54    
ヒット数246  コメント数0    
画像は江戸時代の素朴な熊手:「弁慶(べんけい)」スタイル(熊手のディスプレイが弁慶が背中に差した姿に似ている)浮世絵から復制
本年は一の酉(11月4日)二の酉(11月16日)三の酉(11月28日)まである。

酉の市は、日本武尊が戦勝祈願を鷲宮神社で行い、祝勝を花畑の大鷲神社の地で行ったという伝承に基づき、日本武尊が亡くなった11月の酉の日に行われる祭り。11月に西の日が3日あれば、一の酉・二の酉・三の酉と、祭りは3回行われる。 現在最も賑わう浅草の鷲神社の酉の市は、新暦の11月の酉の日に行われるため、江戸時代とは約一月のずれがある。

『たかだかとふけたる月や三の酉』 万太郎


*参考コラム
▶コラム:江戸魂千夜一話「酉の市(とりのいち)」を読むhttp://www.edoshitamachi.com/modules/tinyd9/index.php?id=3

▶コラム:江戸言葉 月ごよみ 「酉の市と大火」を読む
http://www.edoshitamachi.com/modules/tinyd11/index.php?id=12

▶コラム:江戸言葉 月ごよみ 「酉の市と熊手」を読む
http://www.edoshitamachi.com/modules/tinyd11/index.php?id=12

▶コラム:江戸言葉 月ごよみ 「猫ばば」を読む
http://www.edoshitamachi.com/modules/tinyd11/index.php?id=12



















160年以上 酉(とり)の町を眺める猫

160年以上 酉(とり)の町を眺める猫高ヒット
投稿者sibugakisibugaki さんの画像をもっと!   前回更新2023-7-12 23:54    
ヒット数235  コメント数0    
画像:絵師/広重/出版者/魚栄/刊行年安政4/江戸百景の(一部)
 吉原遊女の部屋の窓から酉の町を眺める猫
(吉原妓楼より見た風景︓ 背後の森は正燈寺)

酉の市は、秋の収穫物や実用の農具が並んだ近郊農村の農業市が 江戸市中へと移行するに従い招福の吉兆を満載した飾り熊手などを市の縁起物とする都市型の祭へと変遷してきた。

*参考コラム
▶コラム:江戸魂千夜一話「酉の市(とりのいち)」を読むhttp://www.edoshitamachi.com/modules/tinyd9/index.php?id=3

▶コラム:江戸言葉 月ごよみ 「酉の市と大火」を読む
http://www.edoshitamachi.com/modules/tinyd11/index.php?id=12

▶コラム:江戸言葉 月ごよみ 「酉の市と熊手」を読む
http://www.edoshitamachi.com/modules/tinyd11/index.php?id=12

▶コラム:江戸言葉 月ごよみ 「猫ばば」を読む
http://www.edoshitamachi.com/modules/tinyd11/index.php?id=12



江戸時代から続く酉(とりのいち)の市。

江戸時代から続く酉(とりのいち)の市。高ヒット
投稿者渋柿渋柿 さんの画像をもっと!   前回更新2023-7-12 23:54    
ヒット数572  コメント数0    
酉(とりのいち)の市は、秋の収穫物や実用の農具が並んだ近郊農村の農業市が江戸市中へと移行するに従い招福の吉兆を満載した飾り熊手などを市の縁起物とする都市型の祭へと変遷してきた。

*詳細は
▶コラム:江戸言葉 月ごよみ 「酉の市と熊手」を読む
http://www.edoshitamachi.com/modules/tinyd11/

▶コラム:江戸言葉 月ごよみ 「酉の市と大火」を読む
http://www.edoshitamachi.com/modules/tinyd11/index.php?id=12

▶コラム:江戸魂千夜一話「酉の市(とりのいち)」を読む
http://www.edoshitamachi.com/modules/tinyd9/index.php?id=3

冬の風物詩 浅草田圃酉の市

冬の風物詩 浅草田圃酉の市高ヒット
投稿者渋柿渋柿 さんの画像をもっと!   前回更新2023-7-12 12:38    
ヒット数785  コメント数0    
名所江戸百景「浅草田甫酉の町詣」
絵師/広重/出版者/魚栄/刊行年安政4/江戸百景
吉原遊女の部屋の窓から酉の町を眺める粋な猫

名所江戸百景 浅草田甫酉の町詣を見る
https://www.ndl.go.jp/landmarks/details/detail267.html

江戸時代から続く酉の市(写真:江戸時代の熊手)

江戸時代から続く酉の市(写真:江戸時代の熊手)高ヒット
投稿者渋柿渋柿 さんの画像をもっと!   前回更新2023-7-12 12:28    
ヒット数924  コメント数0    
酉の市は、秋の収穫物や実用の農具が並んだ近郊農村の農業市が江戸市中へと移行するに従い招福の吉兆を満載した飾り熊手などを市の縁起物とする都市型の祭へと変遷。

江戸時代 酉の市風景

江戸時代 酉の市風景高ヒット
投稿者渋柿渋柿 さんの画像をもっと!   前回更新2023-7-12 12:28    
ヒット数967  コメント数0    
浅草の鷲神社は東側に遊郭があり、地の利も加わり最も有名な酉の市として現在に至る。写真は江戸時代の熊手下の説明絵の拡大。
詳細は「酉の市(とりのいち)」のコラム参照
http://www.edoshitamachi.com/modules/tinyd9/index.php?id=3
*2018年は一の酉(11月1日)二の酉(11月13日)三の酉(11月25日)

冬の風物詩 浅草田圃酉の市

冬の風物詩 浅草田圃酉の市高ヒット
投稿者渋柿渋柿 さんの画像をもっと!   前回更新2023-7-12 12:28    
ヒット数1166  コメント数0    
江戸時代から続く酉の市。
酉の市は、秋の収穫物や実用の農具が並んだ近郊農村の農業市が江戸市中へと移行するに従い招福の吉兆を満載した飾り熊手などを市の縁起物とする都市型の祭へと変遷してきた。写真は江戸時代の熊手デザイン
コラム「酉の市(とりのいち)」を読む
http://www.edoshitamachi.com/modules/tinyd9/index.php?id=3

江戸時代から続く酉の市。

江戸時代から続く酉の市。高ヒット
投稿者渋柿渋柿 さんの画像をもっと!   前回更新2023-7-12 12:28    
ヒット数951  コメント数0    
 酉の市は、秋の収穫物や実用の農具が並んだ近郊農村の農業市が 江戸市中へと移行するに従い招福の吉兆を満載した飾り熊手などを市の縁起物とする都市型の祭へと変遷してきた。

*画像「江戸自慢三十六興 酉の丁銘物くまで 」(一部 絵師/歌川豊国(三代)画/元治元年(1864)刊

▶コラム:江戸言葉 月ごよみ 「酉の市と大火」を読む
http://www.edoshitamachi.com/modules/tinyd11/index.php?id=12

▶コラム:江戸魂千夜一話「酉の市(とりのいち)」を読むhttp://www.edoshitamachi.com/modules/tinyd9/index.php?id=3





冬の風物詩 浅草田圃酉の市

冬の風物詩 浅草田圃酉の市高ヒット
投稿者渋柿渋柿 さんの画像をもっと!   前回更新2023-7-12 12:28    
ヒット数882  コメント数0    
名所江戸百景 「浅草田甫酉の町詣」
*画像:絵師/広重/出版者/魚栄/刊行年安政4/江戸百景(一部)
(吉原妓楼より⾒た⾵景︓ 背後の森は正燈寺)
吉原遊女の部屋の窓から酉の町を眺める猫

名所江戸百景[浅草田甫酉の町詣 を見る]  全部を見る
https://www.ndl.go.jp/landmarks/details/detail267.html?sights=otorijinja


初冬の風物詩  浅草田圃/酉の市

初冬の風物詩 浅草田圃/酉の市高ヒット
投稿者渋柿渋柿 さんの画像をもっと!   前回更新2016-11-14 10:38    
ヒット数871  コメント数0    
一の酉(11月11日) 二の酉(11月23日)
現代の豪華な熊手
「うつくしき羽子板市や買はで過ぐ」  虚子



初冬の風物詩  浅草田圃/酉の市

初冬の風物詩 浅草田圃/酉の市高ヒット
投稿者渋柿渋柿 さんの画像をもっと!   前回更新2016-11-14 10:36    
ヒット数920  コメント数0    
一の酉(11月11日) 二の酉(11月23日)
江戸時代の素朴な熊手:弁慶(浮世絵から制作)
「宵酉のふぜいの雨となりにけり」万太郎



樋口一葉 生誕記念碑 

樋口一葉 生誕記念碑 高ヒット
投稿者渋柿渋柿 さんの画像をもっと!   前回更新2015-10-5 21:15    
ヒット数1104  コメント数0    
明治五年(1872年)旧暦の3月25日に東京府構内の武家長屋(現在の内幸町1-5-2)で誕生。
明治二十九年十一月二十三日、本郷丸山福山町四番地で死去。享年満二十四歳

師走の風物詩 羽子板市

師走の風物詩 羽子板市高ヒット
投稿者渋柿渋柿 さんの画像をもっと!   前回更新2014-12-1 2:00    
ヒット数1254  コメント数0    
年の市何しに出たと人のいふ  一茶

現在のような形になったのは明治中期、
毎年歳末に行われる「歳の市」の主要商品として羽子板を販売したのが始めとされている。
歌舞伎の絵柄などのほか、その年人気を呼んだ著名人なども羽子板となって年の瀬を彩る。

詳しくは 
http://www.senso-ji.jp/

浅草田圃 酉の市

浅草田圃 酉の市高ヒット
投稿者渋柿渋柿 さんの画像をもっと!   前回更新2014-11-14 23:14    
ヒット数1234  コメント数0    
明けはなれゆく夜のかげや酉の市 万太郎

現在の足立区花畑の大鷲神社を「上酉」、千住にある勝専寺を「中酉」、浅草の鷲神社を「下酉」と称しており、
江戸時代から続いていた酉の市はこの3カ所が、明治時代になり千住・勝専寺の酉の市が閉鎖、花畑の大鷲神社と浅草の鷲神社とが唯一江戸時代から続く酉の市となった。



浅草田圃 酉の市

浅草田圃 酉の市高ヒット
投稿者渋柿渋柿 さんの画像をもっと!   前回更新2014-11-14 23:12    
ヒット数1164  コメント数0    
春を待つことのはじめや酉の市  其角

発祥の地は江戸北郊の鷲大明神(現・東京都足立区花畑)の近在農民による収穫祭が発端。綾瀬川に面し人、物の集合に便利なため酉の日に立つ市には江戸市中からの参詣者も次第に多くなり、社前で辻賭博が盛大に開帳されたが安永年間に出された禁止令により賑わいは衰微。

冬の風物詩 酉の市

冬の風物詩 酉の市高ヒット
投稿者渋柿渋柿 さんの画像をもっと!   前回更新2013-10-13 20:58    
ヒット数1421  コメント数0    
酉の市そのお神楽の馬鹿熊手 淡路女

冬の風物詩 酉の市

冬の風物詩 酉の市高ヒット
投稿者渋柿渋柿 さんの画像をもっと!   前回更新2013-10-13 20:56    
ヒット数1309  コメント数0    
提灯のちやうちんや文字酉の市 万太郎

2012年11月20日 浅草酉の市

2012年11月20日 浅草酉の市高ヒット
投稿者渋柿渋柿 さんの画像をもっと!   前回更新2012-12-24 22:04    
ヒット数1260  コメント数0    
例年11月の酉の日に行われる「祭礼」。多くの露店が出店し賑やかなお祭りとなっている年末の風物詩。

『龍泉寺町のそろばん塾や酉の市』 万太郎

2012年11月20日 浅草酉の市

2012年11月20日 浅草酉の市高ヒット
投稿者渋柿渋柿 さんの画像をもっと!   前回更新2012-12-24 22:02    
ヒット数1330  コメント数0    
例年11月の酉の日に行われる「祭礼」。多くの露店が出店し賑やかな祭りとなっている年末の風物詩。

『たかだかとふけたる月や三の酉』 万太郎


平成23年 浅草田圃  三の酉

平成23年 浅草田圃  三の酉高ヒット
投稿者渋柿渋柿 さんの画像をもっと!   前回更新2011-12-22 11:29    
ヒット数1477  コメント数0    

1 番〜 20 番を表示 (全 32 枚)(1) 2 »