アルバムトップ : 渋柿 Total:403

並び替え:  タイトル () 日時 () ヒット数 ()
現在の並び順: 日時 (新→旧)

1 番〜 20 番を表示 (全 403 枚)(1) 2 3 4 5 6 7 8 9 10 ... 21 »



墨堤の桜

墨堤の桜
投稿者渋柿渋柿 さんの画像をもっと!   カテゴリー隅田川    前回更新2017-4-2 22:12    
ヒット数23  コメント数0    
2017/4/1 桜橋から

「春を見に浅草川をわたるなり」 成美

墨堤の桜

墨堤の桜
投稿者渋柿渋柿 さんの画像をもっと!   カテゴリー隅田川    前回更新2017-4-2 22:10    
ヒット数24  コメント数0    
2017/3/30 山谷掘さくら回廊

「角田川とかくに親の迷う所」 古川柳

墨堤の桜

墨堤の桜
投稿者渋柿渋柿 さんの画像をもっと!   カテゴリー隅田川    前回更新2017-4-2 22:09    
ヒット数20  コメント数0    
2017/3/30 浅草から向島

「葉のぬれてゐるいとしさや桜餅」   万太郎



墨堤の桜

墨堤の桜
投稿者渋柿渋柿 さんの画像をもっと!   カテゴリー隅田川    前回更新2017-4-2 22:02    
ヒット数24  コメント数0    
2017/3/30 浅草寺境内

「観音のいらか見やりつ花の雲」芭蕉

「浅草こども歌舞伎まつり」2017年3月20日

「浅草こども歌舞伎まつり」2017年3月20日
投稿者渋柿渋柿 さんの画像をもっと!   カテゴリー催事    前回更新2017-3-20 18:29    
ヒット数37  コメント数0    
江戸時代、見世物小屋や大道芸で賑わった地域の浅草奥山。その地に、平成20年首都圏各地のこども歌舞伎団が登場して今回で9回。江戸文化イベントとして歌舞伎衣装に身を包んだ子供たちのお練り、大人顔負けの堂々とした口上・演技などに年々人気をよんでいる。

西塩子回り舞台西若座こども歌舞伎(常陸大宮市)
三番叟

「浅草こども歌舞伎まつり」2017年3月20日

「浅草こども歌舞伎まつり」2017年3月20日
投稿者渋柿渋柿 さんの画像をもっと!   カテゴリー催事    前回更新2017-3-20 18:26    
ヒット数57  コメント数0    
江戸時代、見世物小屋や大道芸で賑わった地域の浅草奥山。その地に、平成20年首都圏各地のこども歌舞伎団が登場して今回で9回。江戸文化イベントとして歌舞伎衣装に身を包んだ子供たちのお練り、大人顔負けの堂々とした口上・演技などに年々人気をよんでいる。

西塩子回り舞台西若座こども歌舞伎(常陸大宮市)
口上

浅草観音示現会

浅草観音示現会
投稿者渋柿渋柿 さんの画像をもっと!   カテゴリー三社祭り    前回更新2017-3-20 18:20    
ヒット数26  コメント数0    
夏祭も近づく祭事「示現会」。
例年3月18日、本尊が江戸浦(隅田川)に出現した古事【推古天皇36年(628)3月18日】による。
山号に由来する「金龍の舞」

浅草観音示現会

浅草観音示現会
投稿者渋柿渋柿 さんの画像をもっと!   カテゴリー三社祭り    前回更新2017-3-20 18:19    
ヒット数29  コメント数0    
夏祭も近づく祭事「示現会」
例年3月18日、本尊が江戸浦(隅田川)に出現した古事【推古天皇36年(628)3月18日】による。
「宮神輿」の浅草一周

八月 夏まつり  浅草サンバカーニバル (8月最終土曜日)

八月 夏まつり  浅草サンバカーニバル (8月最終土曜日)
投稿者渋柿渋柿 さんの画像をもっと!   カテゴリー下町名物風景 十二ヶ月    前回更新2017-3-2 22:21    
ヒット数91  コメント数0    
昭和56年にスタートした日本で最大のサンバカーニバル。各チームの山車、ダンスやパフォーマンスが見もの。
下町の夏を代表するイベントとしてすっかり定着、毎年約50万人の人出でにぎわう。

江戸流しびな 2月26日(日)

江戸流しびな 2月26日(日)
投稿者渋柿渋柿 さんの画像をもっと!   カテゴリー催事    前回更新2017-3-1 23:29    
ヒット数46  コメント数0    
流しびなは、子どもの災厄を紙や草木で作った人形に託し、川や海に流して祓い浄め、子どもの無病息災を願う日本古来の伝統行事。
浅草では「江戸流しびが昭和61年(1986)から毎春の訪れを告げる隅田川の風物行事となっている。

江戸流しびな 2月26日(日)

江戸流しびな 2月26日(日)
投稿者渋柿渋柿 さんの画像をもっと!   カテゴリー催事    前回更新2017-3-1 23:27    
ヒット数50  コメント数0    
流しびなは、子どもの災厄を紙や草木で作った人形に託し、川や海に流して祓い浄め、子どもの無病息災を願う日本古来の伝統行事。
浅草では「江戸流しびが昭和61年(1986)から毎春の訪れを告げる隅田川の風物行事となっている。


2月26日(日)東京マラソン2017

2月26日(日)東京マラソン2017
投稿者渋柿渋柿 さんの画像をもっと!   カテゴリー催事    前回更新2017-3-1 23:24    
ヒット数47  コメント数0    
浅草雷門前 折り返し地点。
2017年の東京マラソンよりコースが大幅に変更。
コース沿いに梅の名処があり人見と梅観が楽しめます。

2月26日(日)東京マラソン2017

2月26日(日)東京マラソン2017
投稿者渋柿渋柿 さんの画像をもっと!   カテゴリー催事    前回更新2017-3-1 23:09    
ヒット数45  コメント数0    
浅草折り返し地点。
2017年の東京マラソンよりコースが大幅に変更。
コース沿いに梅の名処があり人見と梅観が楽しめます。

十月 菊祭り 湯島天神 (毎年11月1日〜23日)

十月 菊祭り 湯島天神 (毎年11月1日〜23日)
投稿者渋柿渋柿 さんの画像をもっと!   カテゴリー下町名物風景 十二ヶ月    前回更新2017-3-1 19:48    
ヒット数48  コメント数0    
菊は奈良時代中期に薬草として伝来、江戸時代に盛んに品種改良が行われ、今の花形のすべてが作られた。
明治2年、菊が皇室の紋章として定められ菊を鑑賞する「菊花拝観」を開催。より豪華な見世物になり、お金を取る興行へと発展し地方でも菊花展を毎年開催するようになった。昭和50年頃には各市町村が競うかのように菊花展を開催し、菊の栽培が全国へと広がっていった。

十二月 羽子板市 浅草寺 (毎年12月17〜19日)

十二月 羽子板市 浅草寺 (毎年12月17〜19日)
投稿者渋柿渋柿 さんの画像をもっと!   カテゴリー下町名物風景 十二ヶ月    前回更新2017-3-1 18:48    
ヒット数52  コメント数0    
浅草羽子板市は江戸時代に正月用品や縁起ものを売る歳の市が起源。
歌舞伎役者を描いた羽子板を求めて女性客が殺到したため羽子板市へと変わってきた。
「羽子板にはま矢を願う師走かな」 露 沾

十一月 酉の市 浅草田圃/鷲神社・酉の寺/長國寺 (毎年11月酉の日)

十一月 酉の市 浅草田圃/鷲神社・酉の寺/長國寺 (毎年11月酉の日)
投稿者渋柿渋柿 さんの画像をもっと!   カテゴリー下町名物風景 十二ヶ月    前回更新2017-3-1 18:46    
ヒット数55  コメント数0    
江戸時代から続く行事で「お酉様」とも呼ばれ、縁起ものがたくさんついた縁起熊手が名物。
規模(熊手店約150店舗・露天約750店)賑わい(毎年70万人〜80万人の人出)とも日本一の酉の市。
「春を待つ 事のはじめや 酉の市」 其角


九月 秋祭り 牛嶋神社祭礼 (9月中旬)

九月 秋祭り 牛嶋神社祭礼 (9月中旬)
投稿者渋柿渋柿 さんの画像をもっと!   カテゴリー下町名物風景 十二ヶ月    前回更新2017-3-1 18:40    
ヒット数66  コメント数0    
貞観二年(860年)に創建された東都屈指の古社の祭礼。
文政8年(1815年)頃に奉納された石製の撫牛が有名。
氏子50基の神輿は戦災で焼けなかった名品が多くあり、神幸祭は今日では珍しく黒雄和牛が神牛となり鳳輦を曳く。
「なで牛の 石は涼しき 青葉かな」 淡島寒月


七月 花火 隅田川花火大会 (7月最終土曜日)

七月 花火 隅田川花火大会 (7月最終土曜日)
投稿者渋柿渋柿 さんの画像をもっと!   カテゴリー下町名物風景 十二ヶ月    前回更新2017-3-1 18:38    
ヒット数59  コメント数0    
日本最古の花火大会の起源は、享保十八年五月二十八日(1733年7月9日)。
徳川吉宗が大川端(今の隅田川河畔)の「川施餓鬼」(死者の霊を弔う法会)に遡る。
以前は「両国の川開き」と呼ばれ、昭和53年に「隅田川花火大会」に名称変更。
「 星一つ残して落る花火かな」 抱一

六月 夏祭り 鳥越祭 (6月の中旬)

六月 夏祭り 鳥越祭 (6月の中旬)
投稿者渋柿渋柿 さんの画像をもっと!   カテゴリー下町名物風景 十二ヶ月    前回更新2017-3-1 18:36    
ヒット数68  コメント数0    
鳥越神社は創建は白雉二年(651年)始まる古社の祭礼。
夕刻の宮入れは神輿の弓張提灯と町会の高張提灯に火が入るので「鳥越の夜祭り」として有名。
例大祭に出る千貫神輿は都内最大級を誇る(台座四尺三寸/130僉貌汎辰両り紐と大鳳凰 胴を唐草で覆う)

五月 夏祭り 神田祭 (5月中旬)

五月 夏祭り 神田祭 (5月中旬)
投稿者渋柿渋柿 さんの画像をもっと!   カテゴリー下町名物風景 十二ヶ月    前回更新2017-3-1 18:35    
ヒット数52  コメント数0    
天平二年(730年)創建した神田明神の祭礼で氏子108町会200基の神輿があり江戸三大祭のひとつ。
大祭は隔年(西暦奇数年)に行われ、神輿や曳き物など大行列が神田・日本橋エリアを練り歩く。
写真/神田三天王一の宮(千貫神輿)   
「何だ神田の大明神」 川柳

1 番〜 20 番を表示 (全 403 枚)(1) 2 3 4 5 6 7 8 9 10 ... 21 »