アルバムトップ : 渋柿 Total:497

並び替え:  タイトル () 日時 () ヒット数 ()
現在の並び順: 日時 (新→旧)

1 番〜 20 番を表示 (全 497 枚)(1) 2 3 4 5 6 7 8 9 10 ... 25 »



冬の風物詩 浅草田圃酉の市

冬の風物詩 浅草田圃酉の市
投稿者渋柿渋柿 さんの画像をもっと!   カテゴリー新着PHOTO    前回更新2019-11-6 5:01    
ヒット数15  コメント数0    
名所江戸百景「浅草田甫酉の町詣」
絵師/広重/出版者/魚栄/刊行年安政4/江戸百景
吉原遊女の部屋の窓から酉の町を眺める粋な猫

名所江戸百景 浅草田甫酉の町詣を見る
https://www.ndl.go.jp/landmarks/details/detail267.html

冬の風物詩 浅草田圃酉の市

冬の風物詩 浅草田圃酉の市
投稿者渋柿渋柿 さんの画像をもっと!   カテゴリー新着PHOTO    前回更新2019-11-4 18:34    
ヒット数14  コメント数0    
江戸時代から続く酉の市。
酉の市は、秋の収穫物や実用の農具が並んだ近郊農村の農業市が江戸市中へと移行するに従い招福の吉兆を満載した飾り熊手などを市の縁起物とする都市型の祭へと変遷してきた。写真は江戸時代の熊手デザイン
コラム「酉の市(とりのいち)」を読む
http://www.edoshitamachi.com/modules/tinyd9/index.php?id=3

江⼾園芸三花 −朝顔・花菖蒲・菊−

江⼾園芸三花 −朝顔・花菖蒲・菊−
投稿者渋柿渋柿 さんの画像をもっと!   カテゴリー新着PHOTO    前回更新2019-11-4 14:29    
ヒット数14  コメント数0    
江⼾時代は大園芸ブーム 
江⼾園芸三花 −朝顔・花菖蒲・菊−
栽培から菊人形まで菊は江戸時代以前から多くの人びとに愛された園芸植物。
江戸時代になると菊の栽培は、大名から庶民までひろがった。菊人気をあてこんだ近郊の植木屋たちは、菊を使って様々な形をつくる 興行を始め、やがて現代に続く菊人形になる。

明治神宮秋の大祭奉祝 菊花展
http://www.meijijingu.or.jp/

江⼾時代は大園芸ブーム 

江⼾時代は大園芸ブーム 
投稿者渋柿渋柿 さんの画像をもっと!   カテゴリー新着PHOTO    前回更新2019-11-4 14:25    
ヒット数14  コメント数0    
江⼾園芸三花 −朝顔・花菖蒲・菊−
栽培から菊人形まで菊は江戸時代以前から多くの人びとに愛された園芸植物。
江戸時代になると菊の栽培は、大名から庶民までひろがった。菊人気をあてこんだ近郊の植木屋たちは、菊を使って様々な形をつくる 興行を始め、やがて現代に続く菊人形になる。

新宿御苑菊花壇展
http://fng.or.jp/shinjuku/event/kiku/kikukadan.html

奥多摩で見つけた江戸の粋

奥多摩で見つけた江戸の粋
投稿者渋柿渋柿 さんの画像をもっと!   カテゴリー新着PHOTO    前回更新2019-10-3 22:18    
ヒット数45  コメント数0    
日時>2019年9月28日
場所>阿伎留神社  鎮座地:あきる野市五日市1081
概要>阿伎留神社例大祭 ハイブリット山車(2t車荷台に屋台部分を載せた)
例大祭は毎年9月28、29、30日に、下町、仲町、上町、栄町、東町の五町内から担ぎ手が出て渡御が執り行われる。
詳細>https://www.akirunokanko.com/?p=2197

奥多摩で見つけた江戸の粋

奥多摩で見つけた江戸の粋
投稿者渋柿渋柿 さんの画像をもっと!   カテゴリー新着PHOTO    前回更新2019-10-3 22:16    
ヒット数40  コメント数0    
日時>2019年9月28日
場所>阿伎留神社  鎮座地:あきる野市五日市1081
概要>阿伎留神社例大祭 六角神輿
全国でも珍しい六角神輿が五町内の檜原街道沿いを練り歩く迫力のある祭り。
台座は正方形で胴と屋根は六角形 平屋台造り 2点棒で担いで渡御する東京一の大神輿
台座:五尺(152) 建造年度:昭和56年 製作者:栃木・小川政次
詳細>https://www.akirunokanko.com/?p=2197

浅草で見つけた地口行灯  (じくちあんどん)

浅草で見つけた地口行灯 (じくちあんどん)
投稿者渋柿渋柿 さんの画像をもっと!   カテゴリー新着PHOTO    前回更新2019-10-3 22:11    
ヒット数40  コメント数0    
日時> 2019年9月14日(土)〜9月28日(土)
場所> 浅草神社周辺
概要> 浅草燈籠祭(あさくさとうろうさい)の地口行灯  
地口行灯は江戸時代より祭礼の際に飾られる、絵と文字を楽しむ行灯。地口とは、諺や成句をもじり洒落を作ったもの。 昔の人たちはその洒落を競い合い、言葉遊びを楽しんだ。
歌舞伎座の地口行灯を観る
https://www.kabuki-za.co.jp/sya/vol73.html


浅草で見つけた地口行灯  (じくちあんどん)

浅草で見つけた地口行灯 (じくちあんどん)
投稿者渋柿渋柿 さんの画像をもっと!   カテゴリー新着PHOTO    前回更新2019-10-3 22:08    
ヒット数51  コメント数0    
日時>2019年9月14日(土)〜9月28(土)
場所>浅草神社周辺
概要>浅草燈籠祭(あさくさとうろうさい)の地口行灯  
地口行灯は江戸時代より祭礼の際に飾られる、絵と文字を楽しむ行灯。地口とは、諺や成句をもじり洒落を作ったもの。 昔の人たちはその洒落を競い合い、言葉遊びを楽しんだ。
歌舞伎座の地口行灯を観る
https://www.kabuki-za.co.jp/sya/vol73.html




芝で見つけた江戸の粋 芝大神宮 氏子各町神輿連合渡御

芝で見つけた江戸の粋 芝大神宮 氏子各町神輿連合渡御
投稿者渋柿渋柿 さんの画像をもっと!   カテゴリー新着PHOTO    前回更新2019-9-17 1:51    
ヒット数52  コメント数0    
日時> 2019年9月15日

場所> 港区芝大門1-12-7 25氏子町会

概要> 芝大神宮 氏子各町神輿連合渡御
宙に舞う 芝金杉町会 神輿 

芝で見つけた江戸の粋 芝大神宮 氏子各町神輿連合渡御

芝で見つけた江戸の粋 芝大神宮 氏子各町神輿連合渡御
投稿者渋柿渋柿 さんの画像をもっと!   カテゴリー新着PHOTO    前回更新2019-9-17 1:49    
ヒット数53  コメント数0    
日時> 2019年9月15日

場所> 港区芝大門1-12-7 25氏子町会

概要> 芝大神宮 氏子各町神輿連合渡御
女性陣が主役の 中三三治会 神輿 

芝で見つけた江戸の粋 芝大神宮 氏子各町神輿連合渡御

芝で見つけた江戸の粋 芝大神宮 氏子各町神輿連合渡御
投稿者渋柿渋柿 さんの画像をもっと!   カテゴリー新着PHOTO    前回更新2019-9-17 1:47    
ヒット数48  コメント数0    
日時> 2019年9月15日

場所> 港区芝大門1-12-7 25氏子町会

概要> 芝大神宮 氏子各町神輿連合渡御
浜三町会 氏子 令和20年頃楽しみです

芝で見つけた江戸の粋 芝大神宮 氏子各町神輿連合渡御

芝で見つけた江戸の粋 芝大神宮 氏子各町神輿連合渡御
投稿者渋柿渋柿 さんの画像をもっと!   カテゴリー新着PHOTO    前回更新2019-9-17 1:44    
ヒット数33  コメント数0    
日時> 2019年9月15日

場所> 港区芝大門1-12-7 25氏子町会

概要> 芝大神宮 氏子各町神輿連合渡御 大門交差点

十月 菊祭り 湯島天神 (毎年11月1日〜23日)

十月 菊祭り 湯島天神 (毎年11月1日〜23日)
投稿者渋柿渋柿 さんの画像をもっと!   カテゴリー下町名物風景 十二ヶ月    前回更新2019-9-8 21:50    
ヒット数59  コメント数0    
菊は奈良時代中期に薬草として伝来、江戸時代に盛んに品種改良が行われ、今の花形のすべてが作られた。
明治2年、菊が皇室の紋章として定められ菊を鑑賞する「菊花拝観」を開催。より豪華な見世物になり、お金を取る興行へと発展し地方でも菊花展を毎年開催するようになった。昭和50年頃には各市町村が競うかのように菊花展を開催し、菊の栽培が全国へと広がっていった。

七月花火 隅田川花火大会 (7月最終土曜日)

七月花火 隅田川花火大会 (7月最終土曜日)
投稿者渋柿渋柿 さんの画像をもっと!   カテゴリー下町名物風景 十二ヶ月    前回更新2019-9-8 21:48    
ヒット数92  コメント数0    
日本最古の花火大会の起源は、享保十八年五月二十八日(1733年7月9日)。
徳川吉宗が大川端(今の隅田川河畔)の「川施餓鬼」(死者の霊を弔う法会)に遡る。
以前は「両国の川開き」と呼ばれ、昭和53年に「隅田川花火大会」に名称変更。

「 星一つ残して落る花火かな」 抱一

下町―晩夏の風物詩  第38回「浅草サンバカーニバル」 2019年8月31日

下町―晩夏の風物詩 第38回「浅草サンバカーニバル」 2019年8月31日
投稿者渋柿渋柿 さんの画像をもっと!   カテゴリー新着PHOTO    前回更新2019-9-8 21:39    
ヒット数77  コメント数0    
日時> 2019年8月31日

場所> 雷門通り Goal

炎天下 サンバの音に酔いしれた

下町―晩夏の風物詩	第38回「浅草サンバカーニバル」 2019年8月31日

下町―晩夏の風物詩 第38回「浅草サンバカーニバル」 2019年8月31日
投稿者渋柿渋柿 さんの画像をもっと!   カテゴリー新着PHOTO    前回更新2019-9-8 21:36    
ヒット数62  コメント数0    
日時> 2019年8月31日

場所> 雷門通り 

概要> パレードを盛り上げる山車(アレゴリア)

下町―晩夏の風物詩  第38回「浅草サンバカーニバル」 2019年8月31日

下町―晩夏の風物詩 第38回「浅草サンバカーニバル」 2019年8月31日
投稿者渋柿渋柿 さんの画像をもっと!   カテゴリー新着PHOTO    前回更新2019-9-8 21:35    
ヒット数80  コメント数0    
日時> 2019年8月31日

場所> 馬道通り 二天門交差点

概要> いよいよスタート

下町―晩夏の風物詩  第38回「浅草サンバカーニバル」 2019年8月31日

下町―晩夏の風物詩 第38回「浅草サンバカーニバル」 2019年8月31日
投稿者渋柿渋柿 さんの画像をもっと!   カテゴリー新着PHOTO    前回更新2019-9-8 21:35    
ヒット数54  コメント数0    
日時> 2019年8月31日

場所> 馬道通り 二天門交差点

概要> スタート前 記念撮影

夏の名物詩 変化朝顔

夏の名物詩 変化朝顔
投稿者渋柿渋柿 さんの画像をもっと!   カテゴリー新着PHOTO    前回更新2019-9-8 21:34    
ヒット数93  コメント数0    
名句》朝顔は命の中のいのちかな  正岡子規

変化朝顔展示会
日時>令和元年7/28-8/3
場所>日比谷公園  常設陳列場
概要>変化朝顔(へんかあさがお)』は、江戸時代から現代まで愛好家に伝えられてきた「古典園芸植物」のひとつ。とても朝顔とは思えない、特異な花を咲かせる日本の誇る特種な朝顔。

詳細>変化朝顔(へんかあさがお)は、江戸時代から現代まで愛好家に伝えられてきた「古典園芸植物」のひとつ。とても朝顔とは思えない、特異な花を咲かせる日本の誇る特種な朝顔。

詳細>変化朝顔研究会
http://henkaasagao.tumabeni.com/




夏の名物詩 超大輪朝顔

夏の名物詩 超大輪朝顔高ヒット
投稿者渋柿渋柿 さんの画像をもっと!   カテゴリー新着PHOTO    前回更新2019-9-8 21:24    
ヒット数104  コメント数0    
名句》朝顔を見にしののめの人通り  久保田万太郎

超大輪朝顔展示会
日時>令和元年7/28-8/3
場所>日比谷公園  常設陳列場
概要>顔より大きく咲いた大輪朝顔。東京朝顔研究会(明治40年創設)は、「葉小花大(ようしょうかだい)」を目標に日々研錆に励んでいる朝顔を愛する伝統ある会で、現在大輪朝顔を中心に栽培している。

詳細>東京朝顔研究会
http://www.tokyoasagao.com/



1 番〜 20 番を表示 (全 497 枚)(1) 2 3 4 5 6 7 8 9 10 ... 25 »



本から読み解く江戸・東京
水から読み解く江戸・東京
人から読み解く江戸・東京
ことばから読み解く江戸・東京
年表から読み解く江戸・東京
地名から読み解く江戸・東京
祭(歳)事から読み解く江戸東京
会員ページ ログイン
ユーザ名:

パスワード:


パスワード紛失
新規登録
twitter江戸東京下町文化研究会

江戸東京博物館

錦絵で楽しむ江戸の名所

すみだ北斎美術館寄付キャンペーンサイト