アルバムトップ : 2篠風物詩 :  「菜の花やむこうに蝶(町)の屋根が見え」

[<     10  11  12  13  14  15  16     >]

「菜の花やむこうに蝶(町)の屋根が見え」
「菜の花やむこうに蝶(町)の屋根が見え」高ヒット
投稿者sibugakisibugaki さんの画像をもっと!   前回更新2023-7-12 23:59    
ヒット数283  コメント数0    
落語の「唐茄子屋政談(とうなすやせいだん)」(別名「かぼちゃ屋」、「唐茄子屋」とも)には菜の花の句が出てくる。
吉原遊びで散財ばかりして勘当(かんどう)された若旦那の一席で、
若旦那は、「菜の花やむこうに蝶(町)の屋根が見え」という句を口ずさむ。
「菜の花や…」の句は、菜の花畑を舞う「蝶々」と吉原のことをさす「町(ちょう)」という言葉を掛けている。「町」とは、吉原の「五丁町(ごちょうまち。江戸町(ちょう)一丁目、二丁目・角町(すみちょう)・京町(まち)一丁目、二丁目の五町があったことに由来する)」が略されて「町」と呼ばれ・・・・・ 、江戸時代も半ばをすぎると、たんに「町」と言えば「吉原」をさしていた。

画像 >「2023年 浅草観音うら一葉桜まつり 江戸吉原おいらん道中」

関連コラムはこちら>
・江戸ことば月ごよみ『菜の花と吉原』
 http://www.edoshitamachi.com/modules/tinyd11/index.php?id=4

[<     10  11  12  13  14  15  16     >]

投稿された内容の著作権はコメントの投稿者に帰属します。