アルバムトップ : 新着PHOTO :  年末恒例の行事 「煤払い」

[<     18  19  20  21  22  23  24     >]

年末恒例の行事 「煤払い」
年末恒例の行事 「煤払い」高ヒット
投稿者sibugakisibugaki さんの画像をもっと!   前回更新2021-12-7 16:38    
ヒット数137  コメント数0    
江戸時代、煤払いは12月13日に行い「十三日節供(せっく)」などとも呼ばれ、掃除の後には「納めの祝い」と称して、食事や酒が振る舞われ、時には胴上げや隠し芸なども行われていた。

絵は『東都歳事記』の商家煤払いの様子(一部)国会図書館デジタルコレクション

*『東都歳事記』は近世後期における江戸および近郊の年中行事を月順に配列し,略説した板本。
斎藤月岑(げつしん)編。長谷川雪旦・雪堤父子の挿絵入りで天保9年(1838)に刊行。

*関連コラム>
▶江戸言葉 月ごよみ>十二月「大掃除と忠臣蔵」
 http://www.edoshitamachi.com/modules/tinyd11/

▶江戸十万日「月日の鼠」>. 
「幕末の生き証人が語る江戸風俗」
 http://www.edoshitamachi.com/web/fuyugaki/2018/10/








[<     18  19  20  21  22  23  24     >]

投稿された内容の著作権はコメントの投稿者に帰属します。


地名から読み解く江戸・東京
水から読み解く江戸・東京
本から読み解く江戸・東京
人から読み解く江戸・東京
味から読み解く江戸・東京
祭(歳)事から読み解く江戸東京
会員ページ ログイン
ユーザ名:

パスワード:


パスワード紛失
新規登録
twitter江戸東京下町文化研究会

江戸東京博物館

錦絵で楽しむ江戸の名所

すみだ北斎美術館寄付キャンペーンサイト

国立公文書館デジタルアーカイブ