アルバムトップ : 新着PHOTO :  【三社祭】 2024年5月17日(金)〜19日(日)

[<     2  3  4  5  6  7  8     >]

【三社祭】 2024年5月17日(金)〜19日(日)
【三社祭】 2024年5月17日(金)〜19日(日)高ヒット
投稿者sibugakisibugaki さんの画像をもっと!   前回更新2024-5-5 22:49    
ヒット数116  コメント数0    
江戸期の三社祭。「江戸名所図屏風」(寛永年間初期/出光美術館蔵)の中に祭礼が大きく描かれているのは三社祭。江戸期初期、三社祭が祭礼の歴史の古さ、親しまれ方では神田明神、山王権現(日枝神社)より三社祭のほうが江戸の庶民の間においては人気があったようだ。

現在は東京の初夏を代表する風物詩の一つ。江戸風情の残る下町浅草に三日間で約200万人の人出を超え1年でもっとも活気つく。
浅草神社の祭礼。土曜は氏子44カ町約100基の神輿の連合渡御が行われ、日曜には本社神輿3基の渡御が実施される。

氏子>四十四ヶ町
浅草寺を中心に東/隅田川、西/かっぱ橋道具街通り、南/春日通り、北/吉原のエリア

<東部>花川戸一 浅草馬一 花川戸二 聖天 猿若 田聖睦 浅草馬二 浅草象一 浅草象潟 浅草象三 浅五会 浅草馬三

<西部>浅草二 芝崎東 芝崎西 芝崎中 西浅三北 堤 千草 浅草中 浅草千和 千二西 千二光月 千一南 浅三東 浅草町一 浅草町二 浅草清三

<南部>仲見世 浅草東 浅草中央 浅草西 浅草公園 浅一三栄 西浅草一 寿二 寿一 寿三東 駒形 寿四 雷門田原 雷門西部 雷門中部 雷門東部

日程 >
■5月16日(木) 本社神輿神霊入れの儀 19:〜
■5月17日(金) 大行列 13:00〜
                      びんざさら舞奉納14:20〜
          各町神輿神霊入れの儀15:30〜
■5月18日(土)  町内神輿連合渡御 12:00〜
           巫女舞奉奏(神楽殿) 16:00〜
■5月19日(日) 宮出し 6:30〜
           本社神輿各町渡御 宮出し終
           宮入り 20:00〜

宮神輿>
■一之宮(鳳凰) 吹き返しがない延軒屋根と蕨手が軒下から巻き上がっている 胴に晒を巻く

祭神/土師真仲知命 台座/三尺七寸(112僉法〃造/昭和25年 製作者/浅草・宮本重義
■二之宮(疑宝珠) 吹き返しがない延軒屋根と蕨手が軒下から巻き上がっている 胴に晒を巻く
祭神/槍前浜成命 台座/三尺七寸(112僉法〃造/昭和25年 製作/浅草・宮本重義
■三之宮(疑宝珠) 吹き返しがない延軒屋根と蕨手が軒下から巻き上がっている 胴に晒を巻く
祭神/槍前竹成命 台座/三尺七寸(112僉法〃造/昭和27年 製作者/浅草・宮本重義

由来>
推古天皇三十六年(西暦六二八年)三月十八日の早朝、隅田川で漁をしていた檜前浜成(ひのくまのはまなり)・竹成(たけなり)の兄弟の投網に仏像がかかり、土地の長の土師中知(はじのなかとも)がこれを観音像と確認、中知が屋敷を寺に改め、出家して深く帰依したのが浅草寺の起こりとされる。寺に隣接する浅草神社には、この三人が神として祭られ、五月には三社祭が催される。(浅草寺縁起)

詳細情報> https://www.asakusajinja.jp/sanjamatsuri/

[<     2  3  4  5  6  7  8     >]

投稿された内容の著作権はコメントの投稿者に帰属します。