アルバムトップ : 新着PHOTO :  「酉の市」(とりのいち)11月の酉の日に行われる鷲(おおとり)神社の祭礼で、江戸時代に盛んになった。

[<     3  4  5  6  7  8  9     >]

「酉の市」(とりのいち)11月の酉の日に行われる鷲(おおとり)神社の祭礼で、江戸時代に盛んになった。
「酉の市」(とりのいち)11月の酉の日に行われる鷲(おおとり)神社の祭礼で、江戸時代に盛んになった。
投稿者sibugakisibugaki さんの画像をもっと!   前回更新2023-11-5 2:24    
ヒット数61  コメント数0    
酉の市は、11月の酉の日に行われる鷲(おおとり)神社の祭礼で、江戸時代に盛んになった。
年末の商家では、酉(とり)の市(いち)で熊手(くまで)を買い替えて、歳(とし)の市で迎春の縁起物を買い揃える。どちらも年の瀬の風物詩として今も行われている。

絵>「江戸自慢三十六興 酉の丁銘物くまで」 
絵師:歌川豊国(三代)と歌川広重(二代)東京国立国会図書館所蔵
男性は右手に福をかき込むためのおかめの熊手、左手には人の上に立つための芋頭(いもがしら)を縁起物として持っています。

関連コラムはこちら> 
〇コラム 年の瀬の風物詩「酉の市」と「熊手」
http://www.edoshitamachi.com/modules/tinyd11/index.php?id=12

[<     3  4  5  6  7  8  9     >]

投稿された内容の著作権はコメントの投稿者に帰属します。