アルバムトップ : 新着PHOTO :  【永代橋崩落】 8月19日文化4年(1807)深川富岡八幡宮祭礼の人出で永代橋が崩れ落ち、730余人が死亡・・・・・

[<     29  30  31  32  33  34  35     >]

【永代橋崩落】 8月19日文化4年(1807)深川富岡八幡宮祭礼の人出で永代橋が崩れ落ち、730余人が死亡・・・・・
【永代橋崩落】 8月19日文化4年(1807)深川富岡八幡宮祭礼の人出で永代橋が崩れ落ち、730余人が死亡・・・・・高ヒット
投稿者sibugakisibugaki さんの画像をもっと!   前回更新2023-7-31 23:03    
ヒット数266  コメント数0    
絵>永代橋崩落の図(江戸東京博物館蔵)

江戸時代の橋梁は、木製で老朽化が激しく (耐用年数、 約20年)、さらに水害による流失があって、維持管理するのが大変でした。
両国橋は、架け替えの度に道幅を狭くしてコスト縮減され、また幕府が維持管理しない橋梁は、地元 (町方)に委譲されていき・・・・・

関連コラムはこちら>
・武蔵國・江戸物語 〜 『永代橋にみる民間活力導入の惨劇』
http://www.edoshitamachi.com/web/suitoedo/PDFNo46.pdf



"

[<     29  30  31  32  33  34  35     >]

投稿された内容の著作権はコメントの投稿者に帰属します。