アルバムトップ : 新着PHOTO :  【新着コラム】花見の季節。うきうきと浮かれる気分になるのは、江戸の頃からもおなじ

[<     8  9  10  11  12  13  14     >]

【新着コラム】花見の季節。うきうきと浮かれる気分になるのは、江戸の頃からもおなじ
【新着コラム】花見の季節。うきうきと浮かれる気分になるのは、江戸の頃からもおなじ高ヒット
投稿者sibugakisibugaki さんの画像をもっと!   前回更新2024-3-4 1:04    
ヒット数177  コメント数0    
花見の落語といえば、「花見酒」や「長屋の花見」、「花見の仇討(あだうち)」が頭に浮かぶ人もあろう。番頭さんが花見で、はめを外して旦那にばったり出会う「百年目」や、頭に桜の木が生えてくるナンセンス噺(ばなし)の「あたま山」を思い浮かべた人は、相当な落語通である・・・・・
 
コラムの続きはこちら>
・江戸言葉 月ごよみ『「花見酒」の経済』
  >http://www.edoshitamachi.com/modules/tinyd11

・画像>
『江戸名所図会 隅田川堤春景』長谷川雪旦画(一部) 国立国会図書館蔵
隅田川堤の花見の風景。堤いっぱいに広がって子どもたちや女性たちが歩いている。賑やかな声が聞こえてくるようだ。手前の一行の荷物には毛氈や角樽(つのだる)が見え、若い衆が弁当の包みを解いている。

コラムの続きはこちら>
・江戸言葉 月ごよみ『「花見酒」の経済』
  >http://www.edoshitamachi.com/modules/tinyd11

[<     8  9  10  11  12  13  14     >]

投稿された内容の著作権はコメントの投稿者に帰属します。