水から読み解く江戸・東京
水から読み解く江戸・東京
シンポジウム「地域から外濠の再生を考える」
■日時 2019年3月25日(月)13:00〜17:00(開場12:30)
■会場 法政大学 外濠校舎7階 薩埵(さった)ホール     
  (東京都千代田区富士見2−17−1)
■概要
都心の貴重な水辺空間である江戸城外濠については、その環境改善について近隣の町会や企業の関心が高まっています。大学や高校などの教育機関が連携して外濠を対象にした多彩な研究・教育活動を行っており、そうした様子がメディアにも取り上げられています。2020 年を契機に行政でも水質改善に取り組んでおり、地域にとって外濠の価値はますます高まる ものと考えられます。
これまで外濠沿いに立地する法政大学と東京理科大学が中心となって 「外濠再生懇談会」を設置し、住民・企業・教育機関など外濠近傍の関係者が外濠についての議論を共有してきました。このシンポジウムでは両大 学が連携した外濠再生支援を改めて表明し、地域が考える外濠の将来像を 「外濠再生憲章」としてアピールするとともに、地域関係者が外濠の将来 について討論します。
■プログラム
・趣旨説明 陣内秀信(法政大学特任教授、江戸東京研究センター)
・基調講演 「外濠文化の可能性」 田中優子(法政大学総長)
・基調講演 「グローバル都市東京における外濠・神楽坂」 松本洋一郎(東京理科大学学長)
・ 講演「外濠再生憲章について」 福井恒明(法政大学教授、江戸東京研究センター、外濠再生懇談会)
・ パネルディスカッション「地域から外濠の再生を考える」 陣内 秀信(法政大学特任教授、江戸東京研究センター、外濠再生懇談会代表) 宇野 求(東京理科大学教授、外濠及び神楽坂地域調査研究室、外濠再生懇談会代表) 飯田 公子(神楽坂文化振興倶楽部) 高梨 幸彦(富士見地区町会連合会会長) 吉田 珠美(三輪田学園校長) 玉置 泰紀(KADOKAWA

詳細>https://edotokyo.hosei.ac.jp/news/news/news-20190115152544
                   


プリンタ出力用画面
友達に伝える

コンテンツのトップ 次のページ
第3回シンポジウム 多摩から江戸・東京をつなぐ水循環の保全と再生


投稿された内容の著作権はコメントの投稿者に帰属します。
水から読み解く江戸・東京
人から読み解く江戸・東京
ことばから読み解く江戸・東京
年表から読み解く江戸・東京
地名から読み解く江戸・東京
祭(歳)事から読み解く江戸東京
会員ページ ログイン
ユーザ名:

パスワード:


パスワード紛失
新規登録
twitter江戸東京下町文化研究会

江戸東京博物館

錦絵で楽しむ江戸の名所

すみだ北斎美術館寄付キャンペーンサイト