新着情報 : 【飛脚屋(ひきゃくや)】江戸時代、手紙を出すのは、かなり手間とお金のかかることだった。
投稿者: 江戸 渋 投稿日時: 2023-9-6 17:08:27 (201 ヒット)

わざわざ飛脚屋(ひきゃくや)まで足を運んで頼まなければならなかった。
送り先が遠ければ、飛脚が走って届けるだけに日数もかかり料金は高くなるなど、料金は距離によってまちまちだった。
でも、当時としては私信を届けてもらう唯一の手段だったのだから、飛脚に頼らざるを得なかったわけである。


関連コラムはこちら> 
江戸言葉 お金の話 「先払い」と「着払い」
http://www.edoshitamachi.com/modules/tinyd11/index.php?id=16