XOOPS : 江戸時代、梅雨時の傘は動く広告塔!
投稿者: 江戸研 秋元渋柿 投稿日時: 2021-6-4 20:59:01 (114 ヒット)
XOOPS

江戸と雨具の関係で有名人は太田道灌(どうかん)。 落語「道灌」はその逸話を元ネタにした噺(はなし)。 
江戸では唐傘は貴重品で、1800年頃から幕末近くなると、唐傘は江戸中に滲透し、江戸庶民の雨具となり、客に貸し出された番傘は、雨の日には動く広告塔にもなっていた。
*詳細>江戸言葉 月ごよみ 六月「梅雨と番傘」
 http://www.edoshitamachi.com/modules/tinyd11/

地名から読み解く江戸・東京
水から読み解く江戸・東京
本から読み解く江戸・東京
人から読み解く江戸・東京
味から読み解く江戸・東京
祭(歳)事から読み解く江戸東京
会員ページ ログイン
ユーザ名:

パスワード:


パスワード紛失
新規登録
twitter江戸東京下町文化研究会

江戸東京博物館

錦絵で楽しむ江戸の名所

すみだ北斎美術館寄付キャンペーンサイト