予定表 -詳細情報-

件名 展覧会 文豪×演劇―エンパクコレクションにみる近代文学と演劇の世界
開始日時 2024年 6月 7日 (金曜日)   10時00分 (GMT+09:00)
終了日時 2024年 8月 4日 (日曜日)   17時00分 (GMT+09:00)
場所 早稲田大学演劇博物館 1階 特別展示室・2F 企画展示室 〒169-8050 東京都新宿区西早稲田1-6-1 
連絡先 TEL.03-5286-1829
詳細 概要>
文学と演劇、この異なるジャンルの芸術は実は古くからとても深い関係にあります。文字に書かれた物語が演劇として摂取され上演され、また上演された舞台は文字として残され広まるなど、両者は想像力を共有しながら豊かな世界を作りあげてきました。

坪内逍遙、森鴎外、夏目漱石、泉鏡花、谷崎潤一郎、菊池寛、岡本かの子、川端康成 、円地文子、安部公房、三島由紀夫など近代の著名な作家達も、演劇と様々な形で関わってきました。流行した舞台芸術や芸能を愛好し自作に取り入れる作家もいれば、積極的に劇界と関わり、劇作を手掛ける作家も多数いました。

文学作品が舞台化され、映画や歌謡曲に取り入れられたりするなどメディアミックスも盛んに行われており、文学と演劇という領域の重なりは広く、また多岐に渡っています。

演劇博物館創設者の坪内逍遙は、近代文学の成立と近代演劇の発展に大きな功績を果たした人物であり、文学と演劇というふたつの領域を架橋する存在です。逍遙が作りあげた演劇博物館所蔵の資料から、近代文学と演劇の多様な関わりについて紹介したいと思います。

観覧料> 無料

公式サイト>https://enpaku.w.waseda.jp/ex/18657/
カテゴリー 人物
投稿者 sibugaki
レコード表示 公開
繰り返し
最終更新日 2024年 5月 29日 (水曜日)