予定表 -詳細情報-

件名 展覧会> "明治美術狂想曲 "
開始日時 2023年 4月 8日 (土曜日)   10時00分 (GMT+09:00)
終了日時 2023年 6月 4日 (日曜日)   17時00分 (GMT+09:00)
場所 静嘉堂@丸の内 (明治生命館1階) 〒100-0005 東京都千代田区丸の内 2-1-1 明治生命館 1 階
連絡先 050-5541-8600(ハローダイヤル)
詳細 江戸幕府が倒れ、西洋文明が流入した明治時代は「美術」が産声を上げた時代でした。
政治体制・身分制の改革、西洋風の建築やファッションの普及など、社会の面でも、文化の面でも、人々の生活と意識に大きな変化がもたらされました。
「美術」という言葉が誕生し、博覧会が開催され、美術館が初めて設置されたのもこの時代です。油彩画が普及し、欧米好みの華麗な工芸品が輸出され、博覧会では絵画や彫刻が並びました。社会全体が西洋化する一方、古美術品の再評価や保護、日本美術史の編纂も、明治時代の重要な出来事です。
本展では、現代の「美術」につながる諸制度・文化が生まれた明治時代を立脚点として、静嘉堂のコレクションを展観します。初めて重要文化財に指定された近代美術の一つである橋本雅邦「龍虎図?風」、論争を巻き起こした黒田清輝「裸体婦人像」など、岩家とゆかりが深く、当時としてはセンセーショナル、しかし現代でも色あせない明治美術の魅力をお楽しみください。
※国宝《曜変天目(稲葉天目)》も出品いたします。
観覧料 >一般1100円/高・大学生800円/中学生以下無料
公式サイト>
https://www.gotoh-museum.or.jp/collection/genji/


カテゴリー 催事,絵画・写真
投稿者 sibugaki
レコード表示 公開
繰り返し
最終更新日 2023年 3月 30日 (木曜日)
物売りから読み解く江戸・東京
地名から読み解く江戸・東京
大道芸から読み解く江戸・東京
物売りから読み解く江戸・東京
本から読み解く江戸・東京
人から読み解く江戸・東京
味から読み解く江戸・東京
祭(歳)事から読み解く江戸東京
会員ページ ログイン
ユーザ名:

パスワード:


パスワード紛失
新規登録
twitter江戸東京下町文化研究会

江戸東京博物館

錦絵で楽しむ江戸の名所

すみだ北斎美術館寄付キャンペーンサイト

国立公文書館デジタルアーカイブ

玉川上水ネット

勝海舟記念館