予定表 -詳細情報-

件名 寛永の雅 江戸の宮廷文化と遠州・仁清・探幽
開始日時 2018年 2月 14日 (水曜日)   10時00分 (GMT+09:00)
終了日時 2018年 4月 8日 (日曜日)   18時00分 (GMT+09:00)
場所 サントリー美術館 東京都港区赤坂9-7-4 東京ミッドタウン ガレリア3F
連絡先  03-3479-8600
詳細 17世紀初め、江戸幕府が政権を確立すると戦乱の世は終わり、泰平の時代。文化面でも新たな潮流が生まれ寛永年間(1624〜44)を中心に開花した「寛永文化」。寛永文化は「きれい」という言葉に象徴される瀟洒な造形を特徴、当時の古典復興の気運と相まって、江戸の世に「雅」な世界を出現。寛永文化の中心は京都、なかでも学問・諸芸に造詣の深かった後水尾院(ごみずのおいん)は、長く絶えていた儀礼や古典文芸の復興に尽力。特に和歌は朝廷を象徴する芸能に位置づけ、その洗練された優美さを追求する姿勢は、和歌のみならず、多くの美術作品にまで影響を及ぼした。
京都のサロンを主な舞台とした交流は、さまざまな階層の人々を巻き込み、公家、武家、町衆といった垣根を越えて、新しい時代の美意識を醸成し、共有されていった。本展ではこのような近世初期の「雅」を担った宮廷文化と、それと軌を一にして生まれた新時代の美意識が、小堀遠州(こぼりえんしゅう)、野々村仁清(ののむらにんせい)、狩野探幽(かのうたんゆう)などの芸術に結実していく様子を展示。
http://suntory.jp/SMA
カテゴリー 催事
投稿者 渋柿
レコード表示 公開
繰り返し
最終更新日 2018年 1月 3日 (水曜日)
人から読み解く江戸・東京
ことばから読み解く江戸・東京
年表から読み解く江戸・東京
地名から読み解く江戸・東京
祭(歳)事から読み解く江戸東京
会員ページ ログイン
ユーザ名:

パスワード:


パスワード紛失
新規登録
twitter江戸東京下町文化研究会

錦絵で楽しむ江戸の名所

すみだ北斎美術館寄付キャンペーンサイト