予定表 -詳細情報-

件名 「日本人の魂・冨嶽今昔(こんじゃく)三十六景」〜北斎と4人の巨匠たち〜
開始日時 2021年 7月 21日 (水曜日)   10時00分 (GMT+09:00)
終了日時 2021年 8月 19日 (木曜日)   19時00分 (GMT+09:00)
場所 FUJIFILM SQUARE(フジフイルム スクエア) 東京都港区赤坂9-7-3 東京ミッドタウン・ウェスト1F
連絡先 03-6271-3350
詳細 19世紀の西洋美術に大きな影響を与えた江戸後期の浮世絵師 葛飾北斎は、海外でも広く知られ、日本を代表する世界的なタレントの一人です。フジフイルム スクエアでは、凸版印刷株式会社の協力により、同社が北斎の「冨嶽三十六景」オリジナル(山口県立萩美術館・浦上記念館蔵(浦上コレクション)他)を富士フイルムの1億画素ラージフォーマットデジタルカメラGFX100で複写した画像4点を使用し、大型銀写真プリントに仕上げて展示します。
そして、日本を代表する写真家4人の個性あふれる富士山の作品各8点を迫力の銀写真プリントで展示します。大正年間より河口湖町(現富士河口湖町)、忍野村を拠点に「富士山写真」の礎を築いた岡田紅陽(1972年没)、大月市に生まれ、岡田の助手を緒に世界中の山々を写真で制覇した「山岳写真」の第一人者白?史朗(2019年没)、写真で「日本人の原風景」としての富士山を希求し続ける風景写真家竹内敏信、そして、富士山麓に居を構え、今も日々第一線で富士山を撮り続ける大山行男の4氏。
四季折々にまた刻一刻と姿を変える富士山に等しく心奪われ、その魅力をそれぞれにとらえた、北斎と写真の巨匠4人の夢の競演。時代は移り、描写の手法は異なっても、いずれの作品からも等しく、富士山こそ「日本人の魂」のよりどころと、改めて会得させられずにはいられません。

観覧料 >無料

公式サイト>https://www.artagenda.jp/exhibition/detail/6219





カテゴリー 催事,園芸・自然
投稿者 渋柿
レコード表示 公開
繰り返し
最終更新日 2021年 7月 2日 (金曜日)
地名から読み解く江戸・東京
水から読み解く江戸・東京
本から読み解く江戸・東京
人から読み解く江戸・東京
味から読み解く江戸・東京
祭(歳)事から読み解く江戸東京
会員ページ ログイン
ユーザ名:

パスワード:


パスワード紛失
新規登録
twitter江戸東京下町文化研究会

江戸東京博物館

錦絵で楽しむ江戸の名所

すみだ北斎美術館寄付キャンペーンサイト