「学び舎ユネスコ2019ギャラリ-展」と「第14回教養・文化講座」を同時開催

| コメント(0) | トラックバック(0)
2月20日(水)~24日(日)、小平市中央公民館において「学び舎ユネスコ2019ギャラリ-展」を開催しました。このギャラリ-展は日頃の私たち学び舎ユネスコの活動をつぶさにご紹介し、一人でも多くの会員、市民の皆さまに知っていただくもので、平成27(2015)年1月に開催して以来の2度目のギャラリ-展。 
今回は日頃の活動内容の展示のみならず、展示会場の一隅を活用して、初心者の皆さまにも自由に体験出来る、太極拳、中国体操、水墨画、鳴り物・三味線、書道の体験教室を日替わりで開催。



今回は、これまで継続的に進めてきているユネスコの世界寺子屋運動30周年記念展示や、ユネスコ世界遺産パネルの展示を行った。会場内に設置されたポストには、「少しですが・・・」と書き損じハガキを持参される方がいました。世界寺子屋運動の必要さが周知されてきた感があります。 
また、昨年一年間がかりで、小平分水路網約50kmをくまなく歩き、9分水路の現状を調査した成果の一端を、写真や地図とともに掲示紹介・報告。5日間のギャラリ-展は、連日の好天にも恵まれたこともあり、延べ700人を超えるご来場をいただき盛況を得ました。 

 20190220 yunesuko-1 .jpg

20190220 yunesuko-2  .jpg

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://www.edoshitamachi.com/mt/mt-tb.cgi/35

コメントする

このブログ記事について

このページは、渡部教室が2019年3月15日 15:32に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「江戸水路の復活で東京の再生を!水辺で浮世絵の風情楽しむ---【体感型博物館】」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。