八月の月建は酉月

  • 投稿日:
  • by

八月の月建は酉月。

「酉」は、説文では「八月黍(きび)成り、酎酒を為(つく)る可く、古文、酉の形に象るなり」とあります。
和風月名では、葉月(はづき)。
木の葉が落ちる月、「葉落ち月」が訛ったもの。また、稲穂の「発月(はりづき)」の意から来たとされる説もあります。

《江戸こよみ 八月》
8月 1日天正18年(1590)徳川家康、江戸城に入る。
8月 2日寛永16年(1639)新銭売買の定め、一季居奉公人、人身売買の禁などの高札たてられる。
8月 3日天正18年(1590)豪雨が降り、浅草千束池・不忍池があふれる。
8月 4日宝永 3年(1706)奢侈を禁じるため、市中の屋形船が100艘に制限される。
8月 5日天正18年 (1590)家康が、江戸の住人に米を与え救済する。
8月 6日寛政 3年 (1791) 大風雨により、高潮発生。
8月 7日享保 5年(1720)町火消し組合が改正、「いろは」48組となり、纏幟の制度が設けられる。
8月 8日正保 2年 (1645) 外郭および府内各所に辻番所を創置。
8月 9日明和 8年(1771)日本橋薬研堀の埋め立てが完成して町奉行支配となり、市街が開かれる。
8月10日享保 8年 (1723) 大暴風雨により本所・深川・浅草・王子などで出水。
8月11日寛永16年(1639)江戸城江戸城二の丸・天守閣を除き全焼。
8月12日元和 6年(1620)最上義俊、妓女とともに浅草川で船遊し、船手方の水主と争論する。
8月13日寛永16年(1639)丸橋忠弥、品川にて磔刑。
8月14日享保 8年(1723)火の見櫓の設置が義務づけられる。
8月15日慶応 3年 (1867) 楮幣(ちょへい)が発行され、通用が開始される。
8月16日寛永 4年(1627)江戸城西の丸裏門の通行、事前許可された者以外の通行や鑑札のない町人など通行禁止。
8月17日元禄14年(1701)暴風雨が発生し、芝増上寺などに被害がでる。
8月18日天正18年(1590)船入堀・橋の普請が始められる。
8月19日文化 4年(1807)深川富岡八幡宮祭礼の人出で永代橋が崩れ落ち、730余人が死亡。
8月20日元和 8年 (1622) 訴訟・商業・結党・質物・火災・浪人・天主教・寺院などについての諸禁止令出る
8月21日寛永16年(1639)職人の賃銀が定められる。
8月22日寛永 7年(1630)山王権現社造営落成。
8月23日元文 元年(1736)永代橋維持のため、10年間の往来銭徴収が許可される。
8月24日元禄 元年(1688)浅草龍宝寺の僧3人が女犯の罪で死罪となり、龍宝寺も閉門となる。
8月25日慶長15年(1610)幕府の許可を受けて、琉球を征討した島津家久が琉球王尚寧を連れて江戸に入る。
8月26日 文久3年 (1863) 諸侯旗下80余人に、非常警備として江戸内外の警備が命じられる。
8月27日寛永 2年(1625)武家の一季居奉公人の年季を10年とし、人身売買の禁、請負人なき借屋、辻立門立など禁止。
8月28日嘉永 6年(1853)江川太郎左衛門が、内海御台場建設と大筒鋳造を命じられる。
8月29日寛文11年(1671)隅田川前夜より大風雨により隅田川が出水、本所の住民が官船で救助される。
8月30日元文 元年(1736)地代・店賃支払い訴訟の受け付けが停止される。

参考文献 
・武江年表(東洋文庫)・ 東都歳時記(東洋文庫)・江戸町人の研究(吉川弘文館)・ 江戸東京年表(小学館)など

◎注
・8月1日天正18年 (1590)徳川家康、江戸城に入る。
・8月7日享保5年 (1720)町火消し組合が改正、「いろは」48組となり、纏幟の制度が設けられる。
・8月19日文化4年 (1807)深川富岡八幡宮祭礼の人出で永代橋が崩れ落ち、730余人が死亡。

《八月関連コラム》
【家康関東討ち入り】
〇8月1日天正18年(1590)徳川家康、江戸城に入る。
・武蔵の国 江戸物語 『戦いに備えた江戸の最初のインフラ』
  http://www.edoshitamachi.com/web/suitoedo/PDFNo30.pdf
【いろは48組】
〇8月7日享保5年(1720)町火消し組合が改正、「いろは」48組となり、纏幟の制度が設けられる。
 ・江戸十万日 月日の鼠 『偉大ではないが、しぶとく消極的であることがもつ価値』
  http://www.edoshitamachi.com/web/fuyugaki/2019/12/
【永代橋崩落】
〇8月19日文化4年(1807)深川富岡八幡宮祭礼の人出で永代橋が崩れ落ち、730余人が死亡。
・武蔵の国 江戸物語 『永代橋にみる民間活力導入の惨劇』
 http://www.edoshitamachi.com/web/suitoedo/PDFNo46.pdf

江戸東京下町文化研究会