コラム「大江戸菓子探舌(タンタン)」
吉田枯露柿氏プロフィール
東京麹町生まれ。日本女子大学卒業後、サンケイリビング新聞社に勤務。2004年3月独立。その後フリーランスで単行本取材・執筆。主婦、母親、会社員の慌しい人生経験を生かした取材が得意テーマ。強みは「人脈」。名刺交換だけでなくまさに「魂」の交換を理想にした密度の濃い人脈作りを目指している。
2005年10月に首都圏在住の40歳以上のミドル層をターゲットとした生活情報誌 『ありか』を創刊。2007年5月に、これまでに培ったノウハウを生かし編集企画・出版プロデュースをメーンとする株式会社『吉田事務所』を設立し、現在多方面で活躍中。
▲ブログ http://www.ichiko.tv/
第5回 「葉月」

土用餅

土用とは立春、立夏、立秋、立冬の前18日間のことをいうが夏の土用をさすことが多い。

土用の丑の日は夏バテを防ぐために鰻を食べることがよく知られているが、その一方で江戸時代は土用餅を食べる習慣があった。『日次紀事』(1685序)によれば「この月土用に入るの日・・・・赤小豆餅を食らふ」という記録もある。土用牡丹餅、土用のはらわた餅とよばれることもあり、いわば、おはぎのようなものである。やはり暑さに負けないようにとエネルギー源となる甘いものを摂取する生活の知恵といえる。現在も餡餅として作るところが多いが地方によっては黄粉や草餅にするところもある。

因みに2011年の夏の土用の丑の日は2回。7月21日(木) 丁丑…夏の土用の丑
2011年 8月 2日(火) 己丑…夏の土用の丑。鰻重もいい・・・


jpg
                                  挿絵 詫助



お勧めのお店をご紹介してください
あなたが「これは美味しい!」というお勧めのお店を紹介してださい。
自薦、他薦は問いません。コラムでご紹介いたします。ふるってご応募下さい。
*ご連絡先:edomaster@edoshitamachi.com


前のページ
第4回 「文月」
コンテンツのトップ 次のページ
第6回 「月見団子」