コラム「大江戸菓子探舌(タンタン)」
吉田枯露柿氏プロフィール
東京麹町生まれ。日本女子大学卒業後、サンケイリビング新聞社に勤務。2004年3月独立。その後フリーランスで単行本取材・執筆。主婦、母親、会社員の慌しい人生経験を生かした取材が得意テーマ。強みは「人脈」。名刺交換だけでなくまさに「魂」の交換を理想にした密度の濃い人脈作りを目指している。
2005年10月に首都圏在住の40歳以上のミドル層をターゲットとした生活情報誌 『ありか』を創刊。2007年5月に、これまでに培ったノウハウを生かし編集企画・出版プロデュースをメーンとする株式会社『吉田事務所』を設立し、現在多方面で活躍中。
▲ブログ http://www.ichiko.tv/
第4回 「文月」

索餅(さくへい)

織姫と彦星が天の川を渡り一年に一度会うという伝説で知られている「七夕祭」。ふたりが無事に会えますように・・・・とロマンチックな気持ちで夜空を見る。
七夕と書いて「たなばた」と読むが、精霊の依代としての幡とこれを立てる棚を水辺に設けた「棚幡」で、祖先の霊を祀り豊作を願ったと言われる。ここに中国伝説の織女と牽牛星の伝説が結びつき現在の七夕が生まれたようだ。
この七夕に因んで菓子は遣唐使がもたらしたと索餅(さくへい)があげられる。これは「さくべい」ともいわれ、小麦粉と米粉を合わせた生地を縄状にしてそれを細長く伸ばしたもの。江戸時代に虎屋が宮中に収めていたという記録もある。この索餅が素麺になったとして現在、七月七日は「素麺の日」ともいわれる。
jpg
                                  挿絵 詫助

お勧めのお店をご紹介してください
あなたが「これは美味しい!」というお勧めの「みな月」と「麩饅頭」のお店を紹介してださい。
自薦、他薦は問いません。コラムでご紹介いたします。ふるってご応募下さい。
*ご連絡先:edomaster@edoshitamachi.com




前のページ
第3回「みな月」
コンテンツのトップ 次のページ
第5回 「葉月」