神田川界隈物語
吉田枯露柿氏プロフィール
昭和29年東京は麹町生まれ。 国立劇場が出来る前、まだ、原っぱで、そこで、おままごとをした記憶が強く残っている。 6歳で文京区小石川に越す。 日本女子大学文学部を卒業後、サンケイリビング新聞社に勤務。 平成16年3月独立し、フリーランスで単行本取材・執筆を始める。 株式会社『吉田事務所』を設立(平成19年5月)。 豊島区では平成23年、地域情報誌『豊島の選択』創刊とともに取材・編集。 また中央図書館専門研究員として地域文化講座(戦後闇市・映画館など)の企画する。 NPO法人「としまの記憶」をつなぐ会を設立(平成24年7月)。副代表理事。第二次世界大戦・戦前戦中戦後の記憶を持つ語り部の「記憶の遺産」として動画編集をする。 地震をテーマにした童話「なまずの太郎大冒険」(平成29年11月)上梓。
▲ブログ http://www.ichiko.tv/

神田川は井の頭池から隅田川に合流する流路延長24.6km、流域面積105.0km2の河川で、徳川家康が江戸に入府(1590年/天正18年)以来、江戸っ子に親しまれてきた。その沿線界隈のゆかりの地名、寺社の建物、江戸の文化人などを、絵(挿絵・浮世絵)、草双紙で紹介します。
起伏にとんだ土地に水を湛えて流れた弦巻川

 11世紀平安時代の後期に活躍した八幡太郎義家として有名な源義家がこの川の辺りで戦って弓の弦を巻き返したというとこから弦巻川 (つるまきがわ)とよばれるようになったのが川の名 前の由来であると言われる。   雑司ヶ谷は地名に「谷」が含まれるとおり起伏が多く、地形的にもその中を弦巻川は満々と水を湛えて流れていた。
一段高い丘に雑司ヶ谷鬼子母神堂があり、ここから水田を見渡すことが出来た。
雑司が谷村の耕地は殆どが畑地であったため、作物は野菜や麦類が中心であったが、現在の大烏神社の弦巻川に沿った1帯には水田が広がっていた。
  さて、弦巻川は池袋駅西側にあった丸池を水源として、法明寺の仁王門(1945年の空襲で焼失)前より消立院下へ続き、
やがて東へと流れをかえて護国寺前から音羽通り を流れ神田川に注いでいた。
  都営雑司ヶ谷霊園の南西側には江戸時代、大久保彦左衛門の抱屋敷(かかえやしき)があった。
大久保彦左衛門といえば家康、秀忠、家光の三代に仕えた 旗本で天下のご意見番として有名である。
神田駿河台に上屋敷を構え、雑司ヶ谷には抱屋敷を持ってい たようである。
 弦巻川の流れは大久保彦左衛門 の抱屋敷(のちの吉川邸)の中に一 旦入り、池に注がれ、夏には蛍、秋には月と趣のある風景だったといわれる。ことのほかこの池の風景を愛で、池の辺りに茶室をもうけ、しばしば茶会を催したと言われる。




嘉永6年(1853)の江戸切絵図

[color=FF0000][b]「鬼子母神」の左下部分に「大久保彦左衛門抱ヤシキ」という記載がある。
抱屋敷(かかえやしき)とは幕府から拝領した屋敷ではなくいわば武家の私有地のこと。
もちろん、この絵図に載っている大久保彦左衛門は家康や秀忠の時代に活躍した人物ではない。



取材協力:豊島区立郷土資料館『豊島の選択』より加筆転載)




前のページ
いつの世も変わらぬ子をおもう親心 疱瘡除けの「赤色」
コンテンツのトップ 次のページ
こよなく雑司が谷を愛した 秋田雨雀
地名から読み解く江戸・東京
水から読み解く江戸・東京
本から読み解く江戸・東京
人から読み解く江戸・東京
味から読み解く江戸・東京
祭(歳)事から読み解く江戸東京
会員ページ ログイン
ユーザ名:

パスワード:


パスワード紛失
新規登録
twitter江戸東京下町文化研究会

江戸東京博物館

錦絵で楽しむ江戸の名所

すみだ北斎美術館寄付キャンペーンサイト

国立公文書館デジタルアーカイブ