コラム「大江戸菓子探舌(タンタン)」
吉田枯露柿氏プロフィール
東京麹町生まれ。日本女子大学卒業後、サンケイリビング新聞社に勤務。2004年3月独立。その後フリーランスで単行本取材・執筆。主婦、母親、会社員の慌しい人生経験を生かした取材が得意テーマ。強みは「人脈」。名刺交換だけでなくまさに「魂」の交換を理想にした密度の濃い人脈作りを目指している。
2005年10月に首都圏在住の40歳以上のミドル層をターゲットとした生活情報誌 『ありか』を創刊。2007年5月に、これまでに培ったノウハウを生かし編集企画・出版プロデュースをメーンとする株式会社『吉田事務所』を設立し、現在多方面で活躍中。
▲ブログ http://www.ichiko.tv/
第2回 「粽(チマキ)」

五月の代表的な行事といえば「端午の節句」がある。これは男子の健やかな成長を祝うものだが、もともとは厄を払う日であり、菖蒲の葉を屋根にふいたり、菖蒲酒を飲んだりしたといわれる。
今のような祝い方は江戸時代に定着したようだ。この日に食べる菓子に粽と柏餅がある。
特に、粽の歴史は古く、日本では平安時代から端午の節句に粽を用意した記録がある。当時は米を茅やまこもの葉で巻き蒸した。そのルーツは中国で、戦国時代の屈原の故事に由来している。笹の葉で巻く甘い菓子として広まったのは江戸時代で、中身は羊羹、葛、外郎生地など。形は俵形、円錐形、三角形など多様である。

芭蕉の句に「粽結うかた手にはさむ額髪」と娘の瑞々しい一瞬の動作を捉えた句がある。


jpg
                                  挿絵 詫助


お勧めの「粽」のお店をご紹介してください
あなたが「これは美味しい!」というお勧めの「粽」のお店を紹介してください。
自薦、他薦は問いません。コラムでご紹介いたします。ふるってご応募下さい。
*ご連絡先:edomaster@edoshitamachi.com




前のページ
第1回 「金つば」
コンテンツのトップ 次のページ
第3回「みな月」