予定表 -詳細情報-

件名 響きあう名宝 ― 曜変・琳派のかがやき ―
開始日時 2022年 10月 1日 (土曜日)   10時00分 (GMT+09:00)
終了日時 2022年 12月 18日 (日曜日)   17時00分 (GMT+09:00)
場所 静嘉堂文庫美術館  〒100-0005 東京都千代田区丸の内2-1-1 明治生命館1F
連絡先 050-5541-8600(ハローダイヤル)
詳細 創設130周年を迎える静嘉堂は、美術館のギャラリーを世田谷岡本の地から、丸の内の重要文化財建築、明治生命館(昭和9年〈1934〉竣工)1階へ移転いたしました。開館記念展第1弾となる本展では、静嘉堂が所蔵する全ての国宝を始め、茶道具・琳派作品・中国書画や陶磁器・刀剣などの選りすぐりの名宝を、新たな建築空間に合わせ4つのテーマで展観するものです。

曜変天目(稲葉天目)》、国宝・俵屋宗達筆《源氏物語関屋澪標図屛風屏風》をはじめ、所蔵する7件の国宝すべてを、前・後期に分けて公開します。

新展示室は、昭和の建築で初めて重要文化財の指定を受けた明治生命館の1階に、当初の建築部分を生かしてつくられています。

室内全体が壮麗な大理石造りで、高い天井からはガラス越しに自然光が差し込んでおり、日々で異なる表情を見せる空間となります。

4つの展示室は、中央部の広い「ホワイエ」をとり囲むように設けられ、それぞれの展示室に飾られた名宝たちが、互いの美を響かせ、共鳴させているかのようにも感じられることでしょう。今から約 130 年前、岩彌之助が東京丸の内に造りたいと願った美術館 − 創設者の想いを受け継ぎ、歴史あるこの近代洋風建築の中に開館いたします。
観覧料 >一般 1500円:大高生 1000円:障がい者手帳をお持ちの方(同伴者1名〈無料〉を含む) 700円 中学生以下: 無料

公式サイト>https://www.seikado.or.jp/




カテゴリー 建築・庭園,絵画・写真,民藝・民具・工芸
投稿者 sibugaki
レコード表示 公開
繰り返し
最終更新日 2022年 9月 28日 (水曜日)
地名から読み解く江戸・東京
水から読み解く江戸・東京
大道芸から読み解く江戸・東京
本から読み解く江戸・東京
人から読み解く江戸・東京
味から読み解く江戸・東京
祭(歳)事から読み解く江戸東京
会員ページ ログイン
ユーザ名:

パスワード:


パスワード紛失
新規登録
twitter江戸東京下町文化研究会

江戸東京博物館

錦絵で楽しむ江戸の名所

すみだ北斎美術館寄付キャンペーンサイト

国立公文書館デジタルアーカイブ

玉川上水ネット

勝海舟記念館