予定表 -詳細情報-

件名 館蔵資料展 古文書をみる 絵図をよむ 江戸時代編
開始日時 2022年 7月 16日 (土曜日)   9時30分 (GMT+09:00)
終了日時 2022年 8月 28日 (日曜日)   17時00分 (GMT+09:00)
場所 松戸市立博物館 〒270-2252千葉県松戸市千駄堀671
連絡先 047-384-8181
詳細 江戸時代、いまの松戸市域には60近くの村があり、 名主・ 組頭・百姓代の三役人が村を運営しました。領主と村の間で行き来する命令や要望は文書で行われたため、たくさんの 古文書が残されました。本展示では、秋山村(現、松戸市秋山)と大谷口村(現、松戸市大谷口)を中心に、納税や借金・離婚などのさまざまな種類の古文書や、村のようすを描いた絵図・浮世絵などから、江戸時代の人々がどのような生活を送っていたのかを探ります。
観覧料>無料
公式サイト> https://www.city.matsudo.chiba.jp/m_muse/





カテゴリー 催事,古文書・古地図,絵画・写真
投稿者 sibugaki
レコード表示 公開
繰り返し
最終更新日 2022年 7月 30日 (土曜日)
地名から読み解く江戸・東京
水から読み解く江戸・東京
本から読み解く江戸・東京
人から読み解く江戸・東京
味から読み解く江戸・東京
祭(歳)事から読み解く江戸東京
会員ページ ログイン
ユーザ名:

パスワード:


パスワード紛失
新規登録
twitter江戸東京下町文化研究会

江戸東京博物館

錦絵で楽しむ江戸の名所

すみだ北斎美術館寄付キャンペーンサイト

国立公文書館デジタルアーカイブ

玉川上水ネット

勝海舟記念館