予定表 -詳細情報-

件名 文明開化を伝える二本の軌条 〜 「鉄道と駅」展
開始日時 2022年 4月 29日 (金曜日)   10時00分 (GMT+09:00)
終了日時 2022年 7月 3日 (日曜日)   17時00分 (GMT+09:00)
場所 GAS MUSEUM(ガスミュージアム)がす資料館  〒187-0001 東京都小平市大沼町4-31-25    
連絡先 042-342-1715
詳細 本展示会は、ガス事業とともに150周年を迎える文明開化の象徴「鉄道」と「駅」にスポットをあて、開化文物が街に伝わった当時の様子を錦絵や史料から紹介する、ガス事業誕生150年企画シリーズ第1回です。

今から150年前の明治5年(1872)は、現在の私たちの暮らしに関わる、様々な文明開化を象徴する文物が、次々と登場した年でした。そのひとつが鉄道で、同年9月12日(新暦:10月14日)に横浜〜新橋駅で開業しました。9月29日(新暦:10月31日)に事業を開始したガス事業とともに、今年で150年になります。

開化文物は、海外の窓口であった横浜の港より、ガス灯が迎える街路を経て、横浜駅からの鉄道に乗って東京へもたらされました。そしてその玄関口である新橋駅から、ガス灯が彩る西欧風の街、銀座煉瓦街へとやってきました。

本展示会では、横浜から東京の街へと開化文物を伝える役割を果たした、明治の「鉄道」と「駅」の姿を、錦絵や当時の史料、写真とともにご紹介します。開業当時の横浜駅や新橋駅の威風堂々たる景観や、煙をたなびかせた機関車が旅客や貨物満載で疾走する光景など、文明開化が二本の軌条を通して伝搬していった様子をお楽しみください。

また、日本最初の鉄道運輸規程の英文原本『General RULES and REGULATION』(当館所蔵)も特別展示します。これは、鉄道開業時に車両や線路などの設備面とともに英国から導入されたもので、鉄道運営方法を記したハンドブックというべきものです。本書は、平成23年(2011)に一般社団法人日本交通協会の協力を得て、明治6年(1873)に制定された『鉄道寮汽車運輸規定』の元になった英文原文書籍であることが確認されました。

観覧料>無料

公式サイト>https://www.gasmuseum.jp/

カテゴリー 催事
投稿者 sibugaki
レコード表示 公開
繰り返し
最終更新日 2022年 4月 30日 (土曜日)
地名から読み解く江戸・東京
水から読み解く江戸・東京
本から読み解く江戸・東京
人から読み解く江戸・東京
味から読み解く江戸・東京
祭(歳)事から読み解く江戸東京
会員ページ ログイン
ユーザ名:

パスワード:


パスワード紛失
新規登録
twitter江戸東京下町文化研究会

江戸東京博物館

錦絵で楽しむ江戸の名所

すみだ北斎美術館寄付キャンペーンサイト

国立公文書館デジタルアーカイブ