予定表 -詳細情報-

件名 鈴木其一・夏秋渓流図
開始日時 2021年 11月 3日 (水曜日)   10時00分 (GMT+09:00)
終了日時 2021年 12月 19日 (日曜日)   17時00分 (GMT+09:00)
場所 根津美術館 〒107-0062 東京都港区南青山6-5-1
連絡先 03-3400-2536
詳細 鈴木其一(1796〜1858)の筆になる「夏秋渓流図屏風」は、岩場を削る水流のある檜の林を確かな現実感をもって描いた画面に、異様な感覚を抱かせる描写が充満する作品です。
其一は、江戸の地で、一世紀前の京都で活躍した尾形光琳(1658〜1716)を顕彰し、「江戸琳派」の祖となった酒井抱一(1761〜1828)の高弟ですが、徹底した写実表現やシャープな造形感覚、ときに幻想的なイメージを加え、個性を発揮しました。そんな其一の画業の中心にあるのが、最大の異色作にして代表作でもある「夏秋渓流図屏風」です。2020年に、其一の作品としては初めて、重要文化財に指定されました。
 本展では、抱一の影響や光琳学習はもとより、円山応挙や谷文晁、古い時代の狩野派など琳派以外の画風の摂取、そしてそれらを、自然の実感も踏まえつつ統合する其一の制作態度を検証して、本作品誕生の秘密を探ります。
申し込み>オンライン日時指定予約
観覧料> 一般1500円 学生1200円
公式サイト>https://www.nezu-muse.or.jp/







カテゴリー 催事,浮世絵
投稿者 渋柿
レコード表示 公開
繰り返し
最終更新日 2021年 10月 29日 (金曜日)
地名から読み解く江戸・東京
水から読み解く江戸・東京
本から読み解く江戸・東京
人から読み解く江戸・東京
味から読み解く江戸・東京
祭(歳)事から読み解く江戸東京
会員ページ ログイン
ユーザ名:

パスワード:


パスワード紛失
新規登録
twitter江戸東京下町文化研究会

江戸東京博物館

錦絵で楽しむ江戸の名所

すみだ北斎美術館寄付キャンペーンサイト