予定表 -詳細情報-

件名 特別展「桃山―天下人の100年」
開始日時 2020年 10月 6日 (火曜日)   9時30分 (GMT+09:00)
終了日時 2020年 11月 29日 (日曜日)   18時00分 (GMT+09:00)
場所 東京国立博物館 平成館 東京都台東区上野公園13-9
連絡先 03-5777-8600(ハローダイヤル)
詳細  政治史における安土桃山時代は、1573年の室町幕府の滅亡から1603年の江戸幕府開府までの30年間をさします。この30年間に花開いた、日本美術史上もっとも豪壮で華麗な「桃山美術」を中心に、室町時代末から江戸時代初期にかけて移り変わる日本人の美意識を数々の名品によってご紹介します。
 戦国の幕開けを象徴する鉄砲伝来が1543年、島原の乱鎮圧の翌年、ポルトガル船の入国を禁止し、鎖国が行われたのが1639年。豊臣秀吉が北条氏を滅ぼし天下統一を果たした1590年が、その100年間のほぼ中間地点といえます。安土桃山時代を中心として、日本は中世から近世へ、戦国武将が争う下剋上の時代から、江戸幕府による平和な治世へと移り変わります。本展は、室町時代末から江戸時代初期にかけての激動の時代に生まれた美術を概観し、美術史上「桃山時代」として語られるその美術の特質を、約230件の優品によってご覧いただこうというものです。
 激動の時代に、「日本人」がどう生き、どのように文化が形作られていったのか、約100年間の美術作品を一堂に集め概観することで、日本美術史のなかでも特筆される変革の時代の「心と形」を考える展覧会です。
料金>一般 2,400円 /大学生 1,400円 /高校生 1,000円
詳細>https://tsumugu.yomiuri.co.jp/momoyama2020/

カテゴリー 催事,浮世絵
投稿者 渋柿
レコード表示 公開
繰り返し
最終更新日 2020年 9月 15日 (火曜日)
本から読み解く江戸・東京
水から読み解く江戸・東京
人から読み解く江戸・東京
味から読み解く江戸・東京
年表から読み解く江戸・東京
地名から読み解く江戸・東京
祭(歳)事から読み解く江戸東京
会員ページ ログイン
ユーザ名:

パスワード:


パスワード紛失
新規登録
twitter江戸東京下町文化研究会

江戸東京博物館

錦絵で楽しむ江戸の名所

すみだ北斎美術館寄付キャンペーンサイト

江戸まち たいとう芸楽祭