予定表 -詳細情報-

件名 新春浅草歌舞伎
開始日時 2020年 1月 2日 (木曜日)   11時00分 (GMT+09:00)
終了日時 2020年 1月 26日 (日曜日)   17時00分 (GMT+09:00)
場所 浅草公会堂 東京都台東区浅草1-38-6
連絡先 0570-000-489
詳細

第1部は、奴蘭平が刃物を見ると狂気の奇病を起こす『蘭平物狂』を舞踊化した『花の蘭平』で幕を開け、続く義太夫狂言の名作『菅原伝授手習鑑』「寺子屋」は、菅丞相に忠義を尽くす松王丸と命懸けで偽首を差し出す源蔵の緊迫感みなぎる「首実検」の場面に加え、悲哀が胸をうつ劇的展開など、時代を超えた不朽の傑作をご堪能いただきます。そして、すっぱ(盗人)と田舎者の連舞いがみどころのユーモラスな舞踊劇『茶壺』をお楽しみいただきます。
第2部の幕開きは、武智光秀の謀反を題材にした『絵本太閤記』「尼ヶ崎閑居の場」にて光秀一家の悲しみと情愛をドラマティックに描いた、重厚感あふれる義太夫狂言の名作をお届けいたします。『仮名手本忠臣蔵』全十一段のうちの七段目「祇園一力茶屋の場」では仇討ちを軸とした由良之助の真意や平右衛門、お軽兄妹の胸の内が明らかとなります。人間模様を鮮やかに描いた名作のひと幕をご覧いただき、打ち出しとなります。

詳細>http://asakusakabuki.com/




カテゴリー 歳事,伝承芸能
投稿者 渋柿
レコード表示 公開
繰り返し 毎年 1月
最初の予定 2019年 1月 2日 (水曜日)
最終更新日 2020年 1月 13日 (月曜日)
本から読み解く江戸・東京
水から読み解く江戸・東京
人から読み解く江戸・東京
年表から読み解く江戸・東京
地名から読み解く江戸・東京
祭(歳)事から読み解く江戸東京
会員ページ ログイン
ユーザ名:

パスワード:


パスワード紛失
新規登録
twitter江戸東京下町文化研究会

江戸東京博物館

錦絵で楽しむ江戸の名所

すみだ北斎美術館寄付キャンペーンサイト