予定表 -詳細情報-

件名 [企画展]水を描く ―広重の雨、玉堂の清流、土牛のうずしお―
開始日時 2018年 7月 14日 (土曜日)   10時00分 (GMT+09:00)
終了日時 2018年 9月 6日 (木曜日)   17時00分 (GMT+09:00)
場所 山種美術館 東京都渋谷区広尾3-12-36
連絡先 電話:03-5777-8600(ハローダイヤル)
詳細 本展では、山種美術館が所蔵する江戸時代の浮世絵から近代・現代の日本画まで、水が描かれた作品を厳選し、ご紹介いたします。奥入瀬渓流に取材した奥田元宋(おくだげんそう)《奥入瀬(秋)》、鳴門海峡の渦潮を描いた川端龍子(かわばたりゅうし)《鳴門》や奥村土牛(おくむらとぎゅう)《鳴門》は、川や海の流動する姿を生き生きと捉えています。また、土牛《那智》や千住博(せんじゅひろし)《ウォーターフォール》においては、勢いよく流れ落ちる滝が迫力ある大画面に描かれ、水の持つ神聖さも感じさせます。一方で、激しい夕立のなか、橋を行き交う人々を描いた歌川広重(うたがわひろしげ)(初代)《名所江戸百景 大はしあたけの夕立》[後期展示]や、雨に煙る山路を表した川合玉堂(かわいぎょくどう)《渓雨紅樹(けいうこうじゅ)》は、情趣豊かに雨の風景を描き出しています。これらの作品を通して、水の表現の幅広さとともに、画家たちが水に向けてきたまなざしや思いを感じていただければ幸いです。暑い夏の季節に、涼やかな水の絵画をお楽しみください。(作品はいずれも山種美術館蔵)
料金>一般 1000(800)円/大高生 800(700)円/中学生以下 無料
詳細>http://www.yamatane-museum.jp/

カテゴリー 浮世絵,催事
投稿者 渋柿
レコード表示 公開
繰り返し
最終更新日 2018年 6月 5日 (火曜日)
水から読み解く江戸・東京
人から読み解く江戸・東京
ことばから読み解く江戸・東京
年表から読み解く江戸・東京
地名から読み解く江戸・東京
祭(歳)事から読み解く江戸東京
会員ページ ログイン
ユーザ名:

パスワード:


パスワード紛失
新規登録
twitter江戸東京下町文化研究会

錦絵で楽しむ江戸の名所

すみだ北斎美術館寄付キャンペーンサイト