予定表 -詳細情報-

件名 春季展 生誕260年記念 心のふるさと良寛
開始日時 2018年 4月 21日 (土曜日)   9時00分 (GMT+09:00)
終了日時 2018年 7月 11日 (水曜日)   17時00分 (GMT+09:00)
場所 永青文庫 /東京都文京区目白台1-1-1
連絡先 電話:03-3941-0850
詳細 良寛(1758〜1831)は、江戸時代後期の詩歌・書に優れた托鉢僧です。越後出雲崎の名主橘屋の長男として生まれ、一時は名主見習となりますが、18歳で出家し、越後を訪れた国仙和尚に従って備中(岡山県)玉島の円通寺に入りました。10年余りの修行ののち吉野・高野山・伊勢など諸国を行脚して帰郷、国上山の中腹にある五合庵や乙子神社の草庵に住庵しました。生涯寺を持たず、名利にとらわれぬ生活を送り、清貧の中で生きとし生けるものすべてへの愛を失わず、子どもと戯れ、友と語り、和歌や漢詩を詠み、書に興じた人でした。
そうした良寛の生きざまや遺墨は、いまも多くの人々の共感を呼び、魅了し続けています。本展では日本有数の良寛コレクター秘蔵の作品を中心に、およそ100点から日本人の「心のふるさと」と評される良寛の魅力に迫ります。
詳細>http://www.eiseibunko.com
カテゴリー 催事
投稿者 渋柿
レコード表示 公開
繰り返し
最終更新日 2018年 4月 7日 (土曜日)
人から読み解く江戸・東京
ことばから読み解く江戸・東京
年表から読み解く江戸・東京
地名から読み解く江戸・東京
祭(歳)事から読み解く江戸東京
会員ページ ログイン
ユーザ名:

パスワード:


パスワード紛失
新規登録
twitter江戸東京下町文化研究会

錦絵で楽しむ江戸の名所

すみだ北斎美術館寄付キャンペーンサイト