予定表 -詳細情報-

件名 新春浅草歌舞伎
開始日時 2018年 1月 2日 (火曜日)   11時00分 (GMT+09:00)
終了日時 2018年 1月 26日 (金曜日)   14時00分 (GMT+09:00)
場所 浅草公会堂 東京都台東区浅草1-38-6
連絡先 0570-000-489
詳細 第1部の幕開きは、三大名作のひとつ『義経千本桜』から「鳥居前」。狐忠信が豪快な荒事で活躍する様式美にあふれた一幕。続いて「御浜御殿綱豊卿」は、綱豊卿と助右衛門、男二人の緊迫感みなぎるやりとりが眼目です。『元禄忠臣蔵』のなかでも、華やかさと迫力に満ちた新作歌舞伎の名作。
㈠義経千本桜(よしつねせんぼんざくら)
鳥居前
佐藤忠信実は源九郎狐/中村 隼人
源義経/中村 種之助
㈡元禄忠臣蔵(げんろくちゅうしんぐら)
徳川綱豊卿/尾上 松也
富森助右衛門/坂東 巳之助
第2部は、糸繰りの人形が三番叟を踊るというユーモアあふれる楽しい踊り『操り三番叟』から幕開。『双蝶々曲輪日記』より「引窓」は、家族の義理と情愛を、引窓から差し込む月光の明暗で表した人情味あふれる作品。
そして『京人形』では、名匠と人形の精との束の間の逢瀬を描いた幻想的な物語をご覧いただきます。第2部は、糸繰りの人形が三番叟を踊るというユーモアあふれる楽しい踊り『操り三番叟』から幕開。『双蝶々曲輪日記』より「引窓」は、家族の義理と情愛を、引窓から差し込む月光の明暗で表した人情味あふれる作品。
そして『京人形』では、名匠と人形の精との束の間の逢瀬を描いた幻想的な物語。
第2部
㈠操り三番叟(あやつりさんばそう)
三番叟/中村 種之助
㈡、引窓(ひきまど)
南与兵衛後に南方十次兵衛/中村 歌昇
㈢京人形(きょうにんぎょう)
http://www.kabuki-bito.jp/theaters/other/play/545
カテゴリー 年中行事,伝統芸能
投稿者 渋柿
レコード表示 公開
繰り返し 毎年 1月
初回分
最終更新日 2018年 1月 4日 (木曜日)