アルバムトップ : 新着PHOTO :  Total:82

並び替え:  タイトル () 日時 () ヒット数 ()
現在の並び順: タイトル (A → Z)

1 番〜 20 番を表示 (全 82 枚)(1) 2 3 4 5 »



1834年頃の湯島天神の情景-歌川広重

1834年頃の湯島天神の情景-歌川広重高ヒット
投稿者渋柿渋柿 さんの画像をもっと!   前回更新2020-2-27 2:54    
ヒット数123  コメント数0    
歌川広重 江都名所 湯しま天満宮(喜鶴堂)
天保5年頃(1834年頃)の湯島天神(湯島天満宮)の情景

現在の天神下からまっすぐに上る男坂。両脇には眺めのいい料理屋が並んでいる江戸屈指の絶景スポット。
*歌川広重 江都名所 湯しま天満宮(喜鶴堂)を見る
https://dl.ndl.go.jp/info:ndljp/pid/1303566

*江戸切絵図から探す > 本郷湯島絵図
https://www.ndl.go.jp/landmarks/edo/hongo-yushima-ezu.html

1857年頃 夏、江戸庶民の行楽「大山詣り」に出発する一団でにぎわう隅田川情景。

1857年頃 夏、江戸庶民の行楽「大山詣り」に出発する一団でにぎわう隅田川情景。新着
投稿者渋柿渋柿 さんの画像をもっと!   前回更新2020-5-31 21:44    
ヒット数9  コメント数0    
歌川広重 名所江戸百景第53景『浅草川大川端宮戸川(あさくさがわ おおかわばた みやとがわ)』
江戸時代に流行した夏の行楽「大山詣り」出発する一団でにぎわう、隅田川を描いた絵。
右の船上は梵天を立て、先達を務める修験者が法螺貝を吹き、講中一行が柳橋の船着き場を目指す。
*歌川広重(うたがわひろしげ 寛政9年(1797)〜 安政5年(1858)9月6日・61歳
『名所江戸百景』(めいしょえどひゃっけい)は、浮世絵師の歌川広重が安政3年(1856年) 2月から同5年(1858年)10月にかけて制作した連作浮世絵名所絵。
詳細は>江戸言葉月ごよみ 「6月大山詣」http://www.edoshitamachi.com/modules/tinyd11/




1857年頃、現在の浜離宮庭園の沖から品川方向を望んだ情景。

1857年頃、現在の浜離宮庭園の沖から品川方向を望んだ情景。新着
投稿者渋柿渋柿 さんの画像をもっと!   前回更新2020-5-31 21:52    
ヒット数8  コメント数0    
歌川広重の名所江戸百景(めいしょえどひゃっけい)「芝うらの風景」(しばうらのふうけい)
1857年頃、現在の浜離宮庭園の沖から品川方向を望んだ情景。右図の庭園は「御浜御殿」(現浜離宮)と呼ばれた将軍の別荘があった場所。
*歌川広重(うたがわひろしげ 寛政9年(1797)〜 安政5年(1858)9月6日・61歳
『名所江戸百景』(めいしょえどひゃっけい)は、浮世絵師の歌川広重が安政3年(1856年)2月から同5年(1858年)10月にかけて制作した連作浮世絵名所絵
*名所江戸百景「芝うらの風景」を見る
 ・国立国会図書館デジタルコレクションhttps://www.ndl.go.jp/landmarks/details/detail166.html
*コラム「江戸は日本庭園に満ちた都市であった」見る
http://www.edoshitamachi.com/web/fuyugaki/





大横川と花見舟

大横川と花見舟高ヒット
投稿者渋柿渋柿 さんの画像をもっと!   前回更新2019-4-13 6:21    
ヒット数683  コメント数0    

第22回 亀戸天神社 梅まつり

第22回 亀戸天神社 梅まつり高ヒット
投稿者渋柿渋柿 さんの画像をもっと!   前回更新2019-2-24 1:42    
ヒット数673  コメント数0    
学問の神様として知られる菅原道真公をまつる。約200本の木から梅が咲く「梅まつり」
【開催日時】 2019年2月9日(土)〜3月10日(日)

詳細>https://koto-kanko.jp/event/detail.php?eid=759

第34回江戸流しびな

第34回江戸流しびな高ヒット
投稿者渋柿渋柿 さんの画像をもっと!   前回更新2019-2-24 1:44    
ヒット数189  コメント数0    
流しびなは、子どもの災厄を紙や草木で作った人形に託し、
川や海に流して祓い浄め、子どもの無病息災を願う日本古来の伝統行事。
【開催日時】2019年3月3日(日)12:00〜13:30

詳細>http://hina-ko.jp/sumida/index.html

第34回江戸流しびな

第34回江戸流しびな高ヒット
投稿者渋柿渋柿 さんの画像をもっと!   前回更新2019-2-24 1:45    
ヒット数174  コメント数0    
流しびなは、子どもの災厄を紙や草木で作った人形に託し、
川や海に流して祓い浄め、子どもの無病息災を願う日本古来の伝統行事。
【開催日時】2019年3月3日(日)12:00〜13:30

詳細>http://hina-ko.jp/sumida/index.html

東京マラソン2019

東京マラソン2019高ヒット
投稿者渋柿渋柿 さんの画像をもっと!   前回更新2019-2-24 1:47    
ヒット数181  コメント数0    
【開催日時】3月3日(日)
マラソン:東京都庁〜飯田橋〜神田〜日本橋〜浅草雷門〜両国〜門前仲町〜銀座〜高輪〜日比谷〜東京駅前・行幸通り
詳細>www.marathon.tokyo/


東京マラソン2019

東京マラソン2019高ヒット
投稿者渋柿渋柿 さんの画像をもっと!   前回更新2019-2-24 1:48    
ヒット数184  コメント数0    
【開催日時】3月3日(日)
マラソン:東京都庁〜飯田橋〜神田〜日本橋〜浅草雷門〜両国〜門前仲町〜銀座〜高輪〜日比谷〜東京駅前・行幸通り
詳細>www.marathon.tokyo/

湯島天神

湯島天神高ヒット
投稿者渋柿渋柿 さんの画像をもっと!   前回更新2019-4-13 6:14    
ヒット数658  コメント数0    

湯島天神 絵馬

湯島天神 絵馬高ヒット
投稿者渋柿渋柿 さんの画像をもっと!   前回更新2019-4-13 6:16    
ヒット数159  コメント数0    

浅草で見つけた地口行灯  (じくちあんどん)

浅草で見つけた地口行灯 (じくちあんどん)高ヒット
投稿者渋柿渋柿 さんの画像をもっと!   前回更新2019-10-3 22:08    
ヒット数203  コメント数0    
日時>2019年9月14日(土)〜9月28(土)
場所>浅草神社周辺
概要>浅草燈籠祭(あさくさとうろうさい)の地口行灯  
地口行灯は江戸時代より祭礼の際に飾られる、絵と文字を楽しむ行灯。地口とは、諺や成句をもじり洒落を作ったもの。 昔の人たちはその洒落を競い合い、言葉遊びを楽しんだ。
歌舞伎座の地口行灯を観る
https://www.kabuki-za.co.jp/sya/vol73.html




浅草で見つけた地口行灯  (じくちあんどん)

浅草で見つけた地口行灯 (じくちあんどん)高ヒット
投稿者渋柿渋柿 さんの画像をもっと!   前回更新2019-10-3 22:11    
ヒット数192  コメント数0    
日時> 2019年9月14日(土)〜9月28日(土)
場所> 浅草神社周辺
概要> 浅草燈籠祭(あさくさとうろうさい)の地口行灯  
地口行灯は江戸時代より祭礼の際に飾られる、絵と文字を楽しむ行灯。地口とは、諺や成句をもじり洒落を作ったもの。 昔の人たちはその洒落を競い合い、言葉遊びを楽しんだ。
歌舞伎座の地口行灯を観る
https://www.kabuki-za.co.jp/sya/vol73.html


赤坂氷川祭 氏子祭半纏「福吉」(フクヨシ)

赤坂氷川祭 氏子祭半纏「福吉」(フクヨシ)高ヒット
投稿者渋柿渋柿 さんの画像をもっと!   前回更新2018-10-18 18:26    
ヒット数268  コメント数0    
江戸期にあった福岡藩・人吉藩から明治5年赤阪福吉町
となった大変に縁起の良い名称(現在:赤阪2丁目)

赤坂氷川祭の名物 江戸型山車人形「頼義(1846年作)」

赤坂氷川祭の名物 江戸型山車人形「頼義(1846年作)」高ヒット
投稿者渋柿渋柿 さんの画像をもっと!   前回更新2018-10-18 18:24    
ヒット数300  コメント数0    
二輪車の上三層の構造物で二段上下可変式のカラクリ構造
幅:2.5m 長さ:5m 高さ:7m

冬の風物詩 浅草田圃酉の市

冬の風物詩 浅草田圃酉の市高ヒット
投稿者渋柿渋柿 さんの画像をもっと!   前回更新2019-11-6 5:01    
ヒット数120  コメント数0    
名所江戸百景「浅草田甫酉の町詣」
絵師/広重/出版者/魚栄/刊行年安政4/江戸百景
吉原遊女の部屋の窓から酉の町を眺める粋な猫

名所江戸百景 浅草田甫酉の町詣を見る
https://www.ndl.go.jp/landmarks/details/detail267.html

冬の風物詩 浅草田圃酉の市

冬の風物詩 浅草田圃酉の市高ヒット
投稿者渋柿渋柿 さんの画像をもっと!   前回更新2019-11-4 18:34    
ヒット数436  コメント数0    
江戸時代から続く酉の市。
酉の市は、秋の収穫物や実用の農具が並んだ近郊農村の農業市が江戸市中へと移行するに従い招福の吉兆を満載した飾り熊手などを市の縁起物とする都市型の祭へと変遷してきた。写真は江戸時代の熊手デザイン
コラム「酉の市(とりのいち)」を読む
http://www.edoshitamachi.com/modules/tinyd9/index.php?id=3

正月風物詩

正月風物詩高ヒット
投稿者渋柿渋柿 さんの画像をもっと!   前回更新2020-1-4 3:54    
ヒット数128  コメント数0    
正月の縁起物 飾りつけ浅草風景

正月風物詩

正月風物詩高ヒット
投稿者渋柿渋柿 さんの画像をもっと!   前回更新2020-1-4 3:56    
ヒット数146  コメント数0    
正月の縁起物 飾りつけ浅草風景

正月風物詩

正月風物詩高ヒット
投稿者渋柿渋柿 さんの画像をもっと!   前回更新2020-1-4 3:57    
ヒット数133  コメント数0    
正月の縁起物の飾りつけ浅草風景

1 番〜 20 番を表示 (全 82 枚)(1) 2 3 4 5 »



本から読み解く江戸・東京
水から読み解く江戸・東京
人から読み解く江戸・東京
年表から読み解く江戸・東京
地名から読み解く江戸・東京
祭(歳)事から読み解く江戸東京
会員ページ ログイン
ユーザ名:

パスワード:


パスワード紛失
新規登録
twitter江戸東京下町文化研究会

江戸東京博物館

錦絵で楽しむ江戸の名所

すみだ北斎美術館寄付キャンペーンサイト