アルバムトップ : 2篠風物詩 : 四季を彩る生業 :  江戸時代の大道芸 「独楽(こま)まわし」

[<     1  2  3  4  5  6  7     >]

江戸時代の大道芸 「独楽(こま)まわし」
江戸時代の大道芸 「独楽(こま)まわし」高ヒット
投稿者sibugakisibugaki さんの画像をもっと!   前回更新2023-7-12 23:48    
ヒット数224  コメント数0    
葛飾北斎の「四季昼夜画譜」(しきちゅうやがふ:ボストン美術館蔵)
作画期は、文政(1818年〜1830年)の前半頃とされる。
江戸時代の、一年を通しての主に庶民の生活や、風俗、職業などが描かれている。

*関連コラム>
大道芸から読み解く江戸・東京
『江戸から今に伝わる伝統芸能「大道芸」』
http://www.edoshitamachi.com/web/daidougei/

[<     1  2  3  4  5  6  7     >]

投稿された内容の著作権はコメントの投稿者に帰属します。