アルバムトップ : 新着PHOTO :  1857年頃、現在の浜離宮庭園の沖から品川方向を望んだ情景。

[<     2  3  4  5  6  7  8     >]

1857年頃、現在の浜離宮庭園の沖から品川方向を望んだ情景。
1857年頃、現在の浜離宮庭園の沖から品川方向を望んだ情景。高ヒット
投稿者渋柿渋柿 さんの画像をもっと!   前回更新2020-5-31 21:52    
ヒット数224  コメント数0    
歌川広重の名所江戸百景(めいしょえどひゃっけい)「芝うらの風景」(しばうらのふうけい)
1857年頃、現在の浜離宮庭園の沖から品川方向を望んだ情景。右図の庭園は「御浜御殿」(現浜離宮)と呼ばれた将軍の別荘があった場所。
*歌川広重(うたがわひろしげ 寛政9年(1797)〜 安政5年(1858)9月6日・61歳
『名所江戸百景』(めいしょえどひゃっけい)は、浮世絵師の歌川広重が安政3年(1856年)2月から同5年(1858年)10月にかけて制作した連作浮世絵名所絵
*名所江戸百景「芝うらの風景」を見る
 ・国立国会図書館デジタルコレクションhttps://www.ndl.go.jp/landmarks/details/detail166.html
*コラム「江戸は日本庭園に満ちた都市であった」見る
http://www.edoshitamachi.com/web/fuyugaki/




[<     2  3  4  5  6  7  8     >]

投稿された内容の著作権はコメントの投稿者に帰属します。


本から読み解く江戸・東京
水から読み解く江戸・東京
人から読み解く江戸・東京
味から読み解く江戸・東京
年表から読み解く江戸・東京
地名から読み解く江戸・東京
祭(歳)事から読み解く江戸東京
会員ページ ログイン
ユーザ名:

パスワード:


パスワード紛失
新規登録
twitter江戸東京下町文化研究会

江戸東京博物館

錦絵で楽しむ江戸の名所

すみだ北斎美術館寄付キャンペーンサイト

江戸まち たいとう芸楽祭